『ドクター・フー』の新コンパニオンがついに決定!

『ドクター・フー』英国の人気番組『ドクター・フー』で、主人公ドクターの相棒となる、新たなコンパニオン(旅仲間)を演じる女優が決定した。

【関連コラム】ハリー杉山&柏木しょうこも絶賛! イギリスの国民的ドラマ『ドクター・フー』 本作を愛する二人が、歴代ドクターに対する想いなどを熱く語る!

英BBCの発表によると、起用されたのは新進女優のパール・マッキー。2017年放送のシーズン10から登場する"ビル"という名前のコンパニオンを演じる。

ロンドン南部ブリクストン出身のパールは現在、英国国立劇場で上演中の舞台劇『夜中に犬に起こった奇妙な事件』に出演中。今回のような大役をTVで演じるのは初めてで、まさに大抜擢となる。「『ドクター・フー』のファミリーに加わることができて、すごくワクワクしています。英国の名物とも言える番組で、ターディス(ドクターの乗り物)を我が家と呼ぶのは最高に誇らしいです!」と本人はコメント。

さらにパールは、「オーディションで台本を読んだ時、ビルはほんとにイケてるキャラクターだと思いました。とてもよく書かれていて、クールで強く、鋭敏で、ちょっともろくてオタクなところもあります。彼女に命を吹き込み、シリーズを通しての成長を見るのがとても楽しみです」と続けている。

また、ドクター役のピーター・カパルディは、「パールを迎え入れるのは本当に嬉しい。素晴らしい魅力を備えた申し分ない女優で、ターディスに新風を吹き込み、ドクターの冒険に、刺激的な可能性を新たにたくさんもたらしてくれるでしょう」と述べている。

今回の発表に伴い、ドクターとビルの二人が宿敵ダーレクに追いかけられるシーンが、英FAカップ・サッカー準決勝の試合中継の合間に放送された。さらに、撮影初日のパールの様子を紹介した動画もネットで公開されている。

なお、前代のジェナ・コールマン(クララ・オズワルド役)は、英ITVで放送される歴史ドラマ『Victoria(原題)』でヴィクトリア女王を演じるため、シーズン9で降板。次のコンパニオンを誰が演じるかに注目が集まっていた。ビルの活躍が披露されるのは2017年とまだ少し先のことだが、楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ドクター・フー』
(C)2014BBC

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
Playstationから海外ドラマが観られる!
4月4日(火)23時45分NHK BSプレミアムで放送スタート『シカゴ・メッド』
PAGE UP