『エクソシスト』ドラマ版にオスカー女優ジーナ・デイヴィスも出演

ジーナ・デイヴィス米FOXでドラマ化される不朽のホラー映画『エクソシスト』に、『偶然の旅行者』でアカデミー助演女優賞を受賞したジーナ・デイヴィスが出演することが発表された。米Varietyが報じている。

【関連記事】年下男性は永遠のブーム!? ハリウッドの年の差カップルをまとめてみました<ドラマスター編> ジーナの4度目の結婚相手は15歳年下!

1971年に刊行されたウィリアム・ピーター・ブラッティによる原作を基に、現代風にリメイクされる本作。タイプの異なる二人の男、トーマス・オルテガ神父(『センス8』のアルフォンソ・ヘレラ)とマーカス・ラング神父(『ハウス・オブ・カード』のベン・ダニエルズ)が、恐ろしい悪魔憑きに見舞われた家族の事例に取り組み、真の悪と対決する心理スリラーだ。その中でジーナが演じるのは、壮麗で誇り高いが、ストレスを抱えてしまっているアンジェラ・ランス。彼女は、たとえ家族が大変な状況にいても、自分の信念を持ち続けて乗り越えようとするキャラクターだという。

ジーナは、1991年のリドリー・スコット監督作『テルマ&ルイーズ』で、平凡な主婦から大きく変身していくテルマを演じてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた実力の持ち主。TVドラマ『マダム・プレジデント ~星条旗をまとった女神』では主演のほかに製作総指揮も務め、昨年は『グレイズ・アナトミー』にゲスト出演していた。

ドラマ版『エクソシスト』には、主演のアルフォンソとベンのほか、ブリアンヌ・ハウイー(『クリミナル・マインド FBI行動分析課』)、カート・エジアイアワン(『007 スカイフォール』)の出演も決まっている。脚本/製作総指揮を担うのは、『ファンタスティック・フォー』(2015年)の脚本に参加したジェレミー・スレイター。製作総指揮には彼のほか、ジェームズ・ロビンソン(『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』)、デヴィッド・ロビンソン(『ドリームハウス』)らも名を連ねる。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジーナ・デイヴィス
(C) Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP