『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6、ドラマの先行は原作ネタばらしにはならない?

『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』原作小説をドラマがついに追い越してしまうことが話題になっている『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6。これからはドラマを見ると、まだ日の目を見ていない原作の展開が分かってしまうのではないかと思っている原作ファンもいるようだが、番組プロデューサーたちによると、心配する必要はないようだ。ショーランナーのデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスの談話を、米Entertainment Weeklyが伝えた。

【関連記事】【ネタばれ注意】『ゲーム・オブ・スローンズ』ジャンケット・レポート 「エンディングは決まっているが、そこにどうたどり着くかは分からない」

ベニオフとワイスは、原作者のジョージ・R・R・マーティンと数年前に会合を持ち、物語の終盤について大まかに話し合ったことが知られている。その二人は、ドラマは今後、原作とは大きく異なる展開になると言っている。

「ドラマは小説のネタばらしになるのではないかと言われていますが、そんなことは本当にありません。ドラマはこれから小説とは大きく分岐します。双方に共通する重要な要素もありますが、私たちはあまり口にするつもりはありませんし、ジョージも同じだと思います。ドラマを見た後で小説を読む人は、双方の違いにとても驚かれるでしょう」と述べるベニオフ。

またワイスも、「ジョージの小説の素晴らしいところは、物語の細部まで決め込まず、アウトラインを肉付けする際にも、律儀に段取りを追って空白を埋めているわけではないということです。ドラマが小説を追い越すと分かった時点で、それは双方にとって良いことだと考えることにしました。ジョージの生み出した驚くべき世界を舞台に、二つの異なる物語が展開する。それに私たちが興奮し、驚き、狼狽しないはずがありません」と話している。

というわけで、シーズン6はむしろ、原作を読む新たな楽しみを喚起する内容になるのかもしれない。ベニオフとワイスは先週はじめには、「シーズン6は本作で最高のシーズンになる」「TVで前例のない大規模な戦闘シーンが繰り広げられる」とも話している。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』は、スターチャンネルにて4月25日(月)10:00より日本独占放送。本国アメリカと同日、同時刻という"日米完全同時"でスタートする。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』
(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP