脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

『リーサル・ウェポン』ドラマ版、マータフ役の俳優が決定!

デイモン・ウェイアンズ対照的な刑事コンビの活躍を描き、1980年代後半から1990年代にかけて人気を集めたアクション映画シリーズ『リーサル・ウェポン』が米FOXによりドラマ化されることはすでにお伝えしたが、このほどパイロット版の制作が正式に決まり、ベテラン刑事マータフ役を演じる俳優も発表された。米Varietyが報じている。

【関連コラム】パイロットシーズン到来! 映画監督たちが続々とテレビ界へ進出――テレビは新しい"映画"になるのか?(1)

オリジナル版でダニー・グローヴァーが演じたロサンゼルス市警のロジャー・マータフを、新たに演じるのはデイモン・ウェイアンズ。エディ・マーフィー主演の『ビバリーヒルズ・コップ』に出演したほか、『ラスト・ボーイスカウト』ではブルース・ウィリスの相棒に扮している。

今回のドラマ版は、妻子を失ったことに苦しんでいるネイビーシールズ出身の警察官マーティン・リッグスが、テキサスからロサンゼルスに移り住み、心臓病によりストレスを感じないようにしなければならないロサンゼルス市警のマータフ刑事のパートナーになるという、映画の設定に沿ったものだという。

脚本を手掛けるのは、『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』のマット・ミラー。製作総指揮は同じく『FOREVER』のダン・リンとジェニファー・グウォーツ。パイロット版の監督は、『The O.C.』『SUPERNATURAL』『CHUCK/チャック』『NIKITA/ニキータ』などの大ヒットドラマを手掛けてきたマックGが担当する。

これから米国で放送されるパイロットには、本作以外にも映画のリメイク版が多くそろっている。FOXは『アーバン・カウボーイ』、NBCは『クルーエル・インテンションズ』と『96時間』、ABCは『タイム・アフター・タイム』、CWは『オーロラの彼方へ』、CBSは『トレーニング デイ』と『ナンシー・ドリュー』が待機している。この背景には、TV番組が多すぎて視聴率争いが激化する中、より知名度の高い作品を探し続ける各局の意向が働いているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:デイモン・ウェイアンズ
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
『リミットレス』DVD好評発売中!28歳のダメ男がいま限界を超える!期間限定第1話を無料配信中!
PAGE UP