ゴールデン・グローブ賞受賞の『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』、シーズン3製作が決定!

ガエル・ガルシア・ベルナル本年度ゴールデン・グローブ賞の栄冠に輝いた米Amazonの人気シリーズ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のシーズン3製作が決定した。英Digital Spyなどが伝えている。

【関連記事】終わったから語れるゴールデン・グローブ賞あれこれ

ガエル・ガルシア・ベルナル演じる天才指揮者、ロドリゴ率いる交響楽団の舞台裏をコミカルに描く本作。先月開催された第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式ではコメディ/ミュージカル部門作品賞を受賞し、主演のガエルも男優賞を獲得したことが記憶に新しい。批評家からも絶賛の声が上がっている。

ゴールデン・グローブ賞では同じく作品賞にノミネートされていた強豪『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』『トランスペアレント』『Silicon Valley(原題)』『Veep(原題)』、同様にストリーミングでヒットしている『Casual(原題)』を下して栄冠を手にした。

シリーズの共同クリエイターのジェイソン・シュワルツマン(『ダージリン急行』出演・脚本・製作)はシーズン更新に際し、「私たちはAmazonに感謝しています。我々のオーケストラにさらに1シーズンを与えてくれました。地下鉄のホームであろうとヨーロッパの大ホールであろうと、登場人物たちが広大な音楽の世界をどこまで駆け抜けるのか楽しみです」と語った。

ジェイソンは、本作をアカデミー賞脚本賞のノミネート実績があるロマン・コッポラと劇作家のアレックス・ティンバースとともに企画。パイロット版はAmazon Prime Instant Videoで2014年の2月に配信後に好評を得て、フルシーズンの製作が決定した。(海外ドラマNAVI)

Photo:ガエル・ガルシア・ベルナル
(C)Fukuko Kusakari/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP