米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『THE FLASH』グラント・ガスティン、もう一人のフラッシュを応援!

グラント・ガスティン米CW局で放送されているTVシリーズ『THE FLASH/フラッシュ』で"地上最速のヒーロー"バリー・アレンを演じるグラント・ガスティン。彼が、ワーナー・ブラザース制作の実写版映画(2018年公開予定)で同役を演じることになるエズラ・ミラー(『少年は残酷な弓を射る』)を支持していることが分かった。米Entertainment Weeklyが報じている。

【関連コラム】『THE FLASH/フラッシュ』で主人公バリー・アレン/フラッシュを演じるグラント・ガスティンの魅力がスゴイ!

現在アメリカではシーズン2が放送中で、日本でも昨年シーズン1が公開されてから瞬く間に人気となったDCコミックスのヒーローシリーズ『THE FLASH』。このドラマ版で主人公を演じるグラントは、大人気青春ミュージカル『Glee/グリー』で扮したニュー・ディレクションズのライバルチームのメンバー、セバスチャンとしても知られる。

グラントはTwitterにて「僕は、バリー・アレンを演じるエズラ・ミラーとDC映画のフラッシュを支持したい。エズラには一度も会ったことはないけど、想像するに彼は素晴らしくて、興味深い俳優だと思う」とライバルについてコメント。一方で、自身が映画でもフラッシュを演じてみたい気持ちはあると明かし、「このキャラクターは好きだし、僕の人生を変えた」と述べている。

とはいえ、主演交代を受けてのエズラへのバッシングは断固許さない姿勢を見せた。「僕は(特にインターネット上で)エズラを非難することには絶対に参加しない。みんなも落ち着いて寛大に」と呼びかけた。

一方のエズラは数ヵ月前、同メディアに「僕はいくつもの顔を持ってるヒーローは好きだけど、この役では僕らが愛するこの世界での顔を大事にしたいと思う。彼も一人の人間だと気づいてほしいし、僕がスーパーヒーロー神話で興奮するのは、勇敢な人の中に感じる人間性、もしくは傷ついた人の中の勇敢さなんだ」と、フラッシュに対する自身の思いを語っていた。

グラントが主演する『THE FLASH』はすでに日本でも人気だが、エズラが映画で演じる新たなフラッシュはどんな人間らしい"地上最速のスーパーヒーロー"になるのか、今から楽しみである。(海外ドラマNAVI)

Photo:グラント・ガスティン
(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP