【ネタばれ】『ベター・コール・ソウル』の"サプライズ"には共演者も本人もビックリ!

Raymond Cruz and Bob Odenkirk in Better Call Saul (2015)(本記事には、『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』のネタばれを含みますのでご注意ください)

伝説的ドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフで、全世界で話題沸騰中のリーガルアクションドラマ『ベター・コール・ソウル』。原作シリーズの人気キャラクターであるトゥコが『ベター・コール・ソウル』にサプライズで登場したことは大きな話題となったが、これは俳優自身もギリギリまで知らされていなかった"トップシークレット"であったことが判明した。

【関連お先見!】ソウル、マイク、トゥコに再び会える!『ブレイキング・バッド』の待望のスピンオフ『Better Call Saul』がおもしろい!

トゥコを演じるレイモンド・クルツは、huffingtonpost.comのインタビューで、『ベター・コール・ソウル』放映が決まっても、トゥコが登場することは彼自身には知らされていなかったことを明かしている。トゥコの登場するエピソードの脚本ができ上がってから連絡が届いたというレイモンドは、「知らせを受けて大興奮だった! 『ブレイキング・バッド』で死んでしまったキャラクターをまた演じることができるのは"離婚したはずの元妻とまた一緒になれるような感じ"で、本当に驚いた」と、その時の驚きをふり返っている。

トゥコの登場については製作チームが口外禁止命令を発令したため、レイモンドはしばらくの間、この興奮を家族とすら分かち合えなかったそう。その分、自身が再登場するエピソードが放映された時の周囲の反応は最高だったとのこと。このサプライズが秘密厳守で進められていたことはソウル役のボブ・オデンカークも認めており、プロダクション会議室のホワイトボードに貼られた登場人物の顔写真入りリストにも、トゥコの名前と写真があるべき場所にはブルドックの写真が貼られるなど、彼の出演は撮影ギリギリまでキャストメンバーにも伏せられていたという。「この番組はすごく秘密主義。台本にもあちこち黒線で見えないようになっている部分があって、撮影ギリギリまで出演者にもストーリーの詳細が分からないようになっているんだ。たまに黒線部分があまりに多くて、番組の予算が足りなくなってシーンがカットされたのか!? って心配になる(笑)」とボブは話している。

なお、セル用ブルーレイ&DVDに収録されている音声解説には、ロケ地周辺に集まるファンやパパラッチにトゥコの登場がバレないよう厳戒態勢で撮影した様子をスタッフが語っているのでそちらもぜひチェックしてみてほしい。

『ベター・コール・ソウル』シーズン 1 COMPLETE BOX【初回生産限定】
好評発売/レンタル/デジタル配信中

ブルーレイ 12,000円(税抜)/DVD 9,333円(税抜)

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(海外ドラマNAVI)

Photo:Raymond Cruz and Bob Odenkirk in Better Call Saul (2015)
(C) 2015 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP