渡辺謙も!? 米TV Lineが選ぶ、新シリーズ『スター・トレック』の船長候補14人とは?

渡辺謙これまで幾度となくTVドラマ化や映画化されてきた不朽の名作SF『スター・トレック』が、新たなシリーズとして再び帰ってくることは、昨日お伝えした通り。新しいキャラクターが投入されるなどの噂もあるが、今のところキャスティングはまったく明らかになっていない。

【関連コラム】米国TVドラマの出演枠、アジア系俳優には何%のチャンスがある!?

そこで米TV Lineが、これまでのTVシリーズ版でウィリアム・シャトナーが演じたカーク船長や、ケイト・マルグルーが演じたジェインウェイン船長といった、主人公の船長役に着目。2017年に出航となる新たな宇宙船の船長に相応しい14人の候補者を挙げ、読者からの投票やコメントを募集している。

TV Lineが選ぶ14人の新船長候補は以下の通り(順不同)。

アーチー・パンジャビ(『グッド・ワイフ』カリンダ・シャルマ役)
エリザベス・ミッチェル(『LOST』ジュリエット・バーク役)
ジョエル・キナマン(『THE KILLING』スティーブン・ホールダー役)
ジョシュ・チャールズ(『グッド・ワイフ』ウィル・ガートナー役)
渡辺謙(『硫黄島からの手紙』栗林忠道中将役)
マギー・Q(『NIKITA/ニキータ』ニキータ役)
マハーシャラ・アリ(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』レミー・ダントン役)
マット・ボマー(『ホワイトカラー』ニール・キャフリー役)
ミシェル・フォーブス(『THE KILLING』ミッチ・ラーセン役)
ミシェル・ロドリゲス(『LOST』アナ・ルシア役)
フィリップ・ウィンチェスター(『ストライクバック:極秘ミッション』マイケル・ストーンブリッジ役)
サラ・ミシェル・ゲラー(『クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店』シドニー・ロバーツ役)
イヴォンヌ・ストラホフスキー(『CHUCK/チャック』サラ・ウォーカー役)
ジーナ・トーレス(『SUITS/スーツ』ジェシカ・ピアソン役)

リストを見ると、日本が誇るハリウッド俳優の渡辺謙をはじめ、性別や人種、出身国などもバラエティに富み、この人が船長を演じたら...と、想像するだけで楽しめる。そのため、読者からのコメントもさまざまで、中には上記のリストにはない自分のお気に入りの俳優を挙げるなど、熱い議論が交わされているようだ。

コメントの一部を紹介するとーーー
「アーチー・パンジャビかジーナ・トーレスが船長で、フィリップ・ウィンチェスターが主任パイロットだったら最高!」
「エリザベス・ミッチェルが一番だけど、ジョエル・キナマンも捨てがたい。マット・ボマーをTVで見るのは好きだけど、『スター・トレック』の世界観には合わないかも」
「マギー・Q以外に『スター・トレック』の制服が似合う役者はいないだろう」
「サラ・ミシェル・ゲラーは、主役の船長を任されるほどではないけど、他の役ならいいかも」
「(リストに入っていない)ジェレミー・ジョーダン(『SMASH』)だったら、生き生きとして魅力的な船長になりそう!」

不屈の精神で幾つもの困難を乗り越えてきた歴代の船長たち。新たな船長としてキャスティングされるのは、いったい誰なのか。今後の情報に注目だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:渡辺謙
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP