『ビッグバン★セオリー』でも話題に! 映画化も決定した『THE FLASH/フラッシュ』人気の秘密とは?

『THE FLASH/フラッシュ』&『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』『GOTHAM/ゴッサム』『ARROW/アロー』に次ぐ、DCコミックスのヒーローを描く人気ドラマ『THE FLASH/フラッシュ』。米CWプレミア放送史上記録で、歴代最多の視聴者数記録を保持していた『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を抜き、歴代1位の数字を叩き出した大ヒット作だ。9月16日(水)からはブルーレイ&DVDリリース、デジタルレンタル配信が開始されることもあり、さらに注目が集まっている本作の魅力に迫った。

【関連記事】日本でも人気確実!? フラッシュ役のグラント・ガスティンに熱視線!

『THE FLASH/フラッシュ』は、『ARROW/アロー』のスタッフが贈る最速最強のヒーローが活躍するドラマ。幼い頃に母親を殺害され、その犯人として父親が投獄されてしまったバリー・アレンは、当時の捜査官ウエスト刑事に引き取られ、その娘アイリスと共に育つ。大人になり科学者となった彼は、CSIの科学調査員としてセントラル・シティの警察に勤務。父親の無実を晴らすため、母親の殺人事件の真相を探る。そんなある日、実験室で粒子加速器が爆発し、巻き込まれたバリーはこん睡状態に陥る。長い眠りから覚めた彼は、自分に超人的な治癒力と、閃光(=フラッシュ)がごとく超高速で移動できる能力が備わっていることを知り、"フラッシュ"として悪と闘うことを決意する。

フラッシュは、近年、急激に人気を獲得したヒーローのように思えるが、実は1989年にティム・バートン監督の映画『バットマン』が記録的な成功を収め、アメコミ・ヒーローが注目された際に真っ先にTVドラマになったのがフラッシュなのだ。日本では当時、『ザ・フラッシュ』というタイトルでリリースされており、もともと人気の高いキャラクターだったと言える。

その人気は、全米賞レースでお馴染みの超人気コメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』でも引き合いに出されており、仮装パーティで全員がフラッシュのコスプレで鉢合わせして大騒ぎになるエピソードや、主人公がフラッシュのTシャツを着ているシーンもあるほど。『ビッグバン★セオリー』のメンバーたちが大好きなキャラクターとして登場するのである。また、人気テレビシリーズ『ヤング・スーパーマン』やDCのTVアニメ版でもフラッシュは活躍している。

それにしても、この人気の秘密はどこにあるのだろうか。

その一つは、赤という派手なコスチューム。ビビットカラーのコスチュームは、一度観ただけで深い印象を与える。そして、胸に輝く閃光をイメージしたマークも、スーパーマンのS、バットマンのコウモリ・マークに匹敵するインパクトを備えている。

キャラクター面でも他のヒーローとは明確な違いを見せつける。例えば、怪力パワー系の超人が多い中、フラッシュはスピードという洗練された超能力を持つ。とはいえ、"速いだけではないのか"というツッコミどころもあり、クールさと親しみやすさをあわせ持つヒーローなのだ。

また、スーパーマンはちょっと真面目、バットマンはダークといったイメージがあるが、フラッシュはひたすらに明るく楽しい。そんなキャラクターが人気の秘密なのかもしれない。

『THE FLASH/フラッシュ<ファースト・シーズン>』は、9月16日(水)にワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル、デジタルレンタル配信開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:『THE FLASH/フラッシュ』&『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』
(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP