『蜘蛛女のキス』ウィリアム・ハート、米Amazonの法廷ドラマ『The Trial』に出演決定!

ウィリアム・ハート1985年の映画『蜘蛛女のキス』でアカデミー主演男優賞を受賞した名優ウィリアム・ハートが、米Amazon製作の法廷ドラマ『The Trial(原題)』への出演が決定し、ビリー・ボブ・ソーントン(『FARGO/ファーゴ』)と共演することが明らかとなった。

【関連記事】ウィリアム・ハートもノミネートされた第69回ゴールデン・グローブ賞の結果はこちら!

『The Trial』の主人公は、かつて大手弁護士事務所を共同設立し、第一線で活躍していた敏腕弁護士ビリー・マクブライド。だが、事務所を追放された彼は酒浸りの毎日を送り、時折、元妻からおこぼれでもらう訴訟を引き受けて食いつなぐ有様だった。そんな中、同じ事務所を解雇された若手弁護士がビリーの元に転がり込み、ある殺人事件をめぐる裁判の案件を持ってくる。こうして、ビリーは裁判の不正を暴くべく、自分を追放したドナルド・クーパー率いる古巣の事務所と、真っ向から対決することとなる...というストーリーだ。

米Varietyによると、ビリー・ボブ扮する主役ビリーに敵対するドナルド・クーパーをウィリアムが演じるとのこと。ビリー・ボブは、監督・脚本・主演の3役をこなした1996年の映画『スリング・ブレイド』が絶賛され、アカデミー賞の主演男優賞と脚色賞にノミネートされている。それだけに『The Trial』では、ビリー・ボブとウィリアムの名優二人による、白熱した演技合戦が期待できそうだ。

製作総指揮を務めるのは、『ボストン・リーガル』や『ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル』でクリエイターを務め、法廷ドラマはお手の物のデイビッド・E・ケリーとジョナサン・シャピロ。2016年にAmazonにて配信予定の本シリーズは、10話構成で製作される。(海外ドラマNAVI)

Photo:ウィリアム・ハート
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP