脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

『Glee』メリッサ・ブノワ、映画『セッション』出演について語る

メリッサ・ブノワファイナルシーズンの最終エピソードの全米放送を終えた大ヒットミュージカルドラマ『Glee』。マーリー・ローズ役で知られるメリッサ・ブノワは、本年度の第87回アカデミー賞でJ・K・シモンズの助演男優賞をはじめ3部門を受賞した『セッション』に出演している。彼女が本作への思いを語った。

【関連記事】今年も「業界視点」でズバリ占う!アカデミー賞、受賞の行方。

『セッション』出演の経緯をきかれると、「エージェントが脚本を送ってきたの。ちょうど『Glee』の撮影合間のときだったので奇跡的に時間があったのよ。脚本を読んで"この役を得られなかったら自分を一生許せない!"と思ったわ」と話した。メリッサの父親もジャズドラマーだったそうで共感する部分もあったという。

28歳で本作を撮ったデイミアン・チャゼル監督については、「オーディションで最初に監督と会った瞬間から、彼は威圧的じゃなくて、気持ちを楽にさせてくれる監督だと感じたわ。俳優への望みや要求がはっきりしている。でも自由を与えて流れに任せるの。俳優に演技させたいと思ってくれる人と仕事ができて新鮮だった。学んで経験できるとても素晴らしい現場だった」と語っている。

メリッサは本作で、一流の音楽家を目指すアンドリュー(マイルズ・テラー)のガールフレンド、ニコルを演じている。映画館でバイトをしている普通の女子大生で、彼女に秘かに思いを寄せていたアンドリューは思い切ってデートに誘う。「二人は自然なつながりを感じたの。二人は友達を、誰か話せる人を、現実の世界にいて誠実な人を求めていたのだと思う。そこが二人の素晴らしいところだわ。でも結局、彼女は彼の情熱や原動力の障害になってしまう」

不器用な若い二人の微笑ましいデートシーンは、緊張の連続の本作の中で、つかの間の爽やかさを感じさせてくれる。しかし憧れの女の子を彼女にできたにも関わらず、鬼教師のフレッチャー(J・K・シモンズ)に追い込まれ、ドラムにのめり込んでいくアンドリューは、ニコルに別れを切り出す...。別れの数ヵ月後に二人が電話で話すシーンが、印象的で好きだというメリッサ。「実はそのシーンは、自宅のベッドの上で話していたのよ。隣に犬がいてね(笑)」

また、子供の頃からブロードウェイで演じることに憧れているというメリッサは、「テネシー・ウィリアムスが大好きなの。『赤いトタン屋根の猫』のマギーを演じるのが夢かな」と、今後の希望についても意欲的に話している。

次回作はドラマ『Supergirl』で主演が決定しており、また映画では、ニコラス・スパークス原作の『The Longest Ride』などが待機中。『Glee』終了後も順風満帆なメリッサに今後も注目していきたい。

映画『セッション』は、4月17日(金)よりTOHOシネマズ 新宿他にて全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画『セッション』 メリッサ・ブノワ
(C)2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
『リミットレス』DVD好評発売中!28歳のダメ男がいま限界を超える!期間限定第1話を無料配信中!
PAGE UP