S・キング原作の新作ドラマ『11/22/63』、ジェームズ・フランコが主役に

スティーヴン・キング&ジェームズ・フランコスティーヴン・キングのベストセラー小説を原作に、J・J・エイブラムス率いるバッド・ロボット社が放つ新作ドラマ『11/22/63』。アメリカのストリーミングサービスHuluが配信するこの作品で、ジェームズ・フランコが主演に選ばれた。The Hollywood Reporterなどが報じた。

【関連記事】ルックス抜群の正統派から北欧の美男子まで、ハリウッドで話題の人気イケメン兄弟をご紹介!

アメリカで2011年に刊行された同名の小説は、ケネディ大統領の暗殺を題材にしたタイムトラベラーの物語。高校教師のジェイク・エッピングは、時間の通路を抜けて1958年にタイムトラベルし、1963年11月22日に起きるケネディ暗殺を阻止するように友人から頼まれる。日本では翻訳版が文藝春秋から刊行されている。

その本作で、ジェームズは主人公のジェイク役を演じるほか、プロデュースにも参加する。『127時間』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェームズは、『スパイダーマン』シリーズや『猿の惑星:創世記』『オズ はじまりの戦い』などの大作や、コメディまで幅広くこなす俳優で、脚本・監督・プロデュースなども手がけている。TVドラマでは『フリークス学園』などに出演しているが、レギュラー出演は久々のことだ。

『11/22/63』は9話構成のミニシリーズ。製作にあたっては、ブリジット・カーペンター(『The Red Road』)が脚本を手がけるほか、原作者のキング、バッド・ロボット社のブライアン・バークとともに製作総指揮を担当する。配信日は未定となっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:
スティーヴン・キング
(C)Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net
ジェームズ・フランコ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP