バットマンの前章ドラマ『Gotham』で、生まれていない相棒ロビンは? ブルーノ・ヘラーが語る

GothamDCコミックのヒーロー、バットマンの世界を舞台にすえた米FOXの犯罪ドラマ『Gotham』。有名キャラクターの登場に関心が集まっている本作で、まだ生まれていない設定の相棒ロビンは、どのような形で扱われることになるのか、プロデューサーが明かした。

【関連記事】LAスクリーニング2014 レポート『Gotham』

本作の主人公は、街にはびこる悪に立ち向かい、のちにバットマンの協力者となるゴードン刑事(のちに警察本部長に昇進)。『THE OC』のライアン役で有名なベンジャミン・マッケンジーが同役を演じている。

将来バットマンになるブルース・ウェイン少年(デヴィッド・マズーズ)も登場しているが、ロビンはまだ生まれていないという設定だ。そのことについてショーランナーのブルーノ・ヘラーは、Entertainment Weeklyのインタビューで、「今後は、まだ生まれていないロビンのオリジン(起源)についても描くつもりです」と話した。

「MRIで胎児を見せるわけではないですよ。ロビンの両親がどのようにして結ばれるのかを示すエピソードがあるんです」と説明するヘラー。

また、もっとも有名な悪役ジョーカーの相棒ハーレイ・クインの登場も先月から話題にのぼっているが、そのプランはたしかにあるものの、今シーズンでは実現しないという。

先日放送された『Gotham』のエピソードでは、のちに悪役トゥーフェイスになるハーヴェイ・デント(ニコラス・ダゴスト)が初登場。また今後は、悪役のスケアクロウも登場する予定となっている。

なおファンの間では、早いうちからこんなに大勢の有名キャラクターを投入して大丈夫なのかという声もあがっているが、ヘラーによれば、番組初期においては作品のイメージを確立するために必要なプロセスであり、今後は投入ペースを落としていくということだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Gotham』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
今やテレビ、映画にも欠かせない一大ジャンル 「アメリカン・コミックスの世界」
PAGE UP