S・キングのヒット小説「11/22/63」をJ・J・エイブラムスがミニシリーズ化、米Huluで配信

J・J・エイブラムススティーヴン・キングのベストセラー小説「11/22/63」を原作として、9話構成のミニシリーズを製作するバッド・ロボット社(J・J・エイブラムスが率いる番組制作会社)のプロジェクトに、米ストリーミング配信会社Huluがゴーサインを与えた。Varietyなどが報じた。

【関連お先見】『BELIEVE』(ビリーブ) ゴールデンコンビ!J.J.エイブラムス&アルフォンソ・キュアロン監督の新シリーズ!

アメリカで2011年に刊行された「11/22/63」は、ケネディ大統領の暗殺を題材にしたタイムトラベラーの物語。高校教師のジェイク・エッピングは、時間の通路を抜けて1958年にタイムトラベルし、1963年11月22日に起きるケネディ暗殺を阻止するように友人から頼まれる。日本では翻訳版が文藝春秋から刊行されている。

ミニシリーズの製作にあたっては、ブリジット・カーペンター(『The Red Road』)が脚本を手がけるほか、エイブラムス、キングほかとともに製作総指揮を担当する。配信日、出演者は未定となっている。

今回の発表に際して、原作者のキングは「長時間のイベントシリーズとしての映像化が必要な本を自分が書いたとすれば、それは「11/22/63」でしょう。実現に心が浮き立つ思いであり、J・J・エイブラムスやバッド・ロボットのチームと一緒に仕事をするのが楽しみです」とコメント。

またエイブラムスは、「中学生の頃からスティーヴン・キングのファンでした。読者を惹きつける、エモーショナルで想像力にあふれたストーリーを手がけることはもとより、彼と一緒に仕事をする機会を得られるのは、まるで夢のようです」と述べている。

アメリカにおける大手ビデオストリーミング・サービスのひとつHuluは、オリジナルコンテンツも配信しているが、米Netflixの『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のようなヒット作をまだ打ち出せていない。そんななか、エイブラムスとキングという二つのビッグネームを冠したプロジェクトにより、巻き返しをはかることになる。(海外ドラマNAVI)

Photo:J・J・エイブラムス
(C)Mayuka Ishikawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP