『トゥルーブラッド』アンナ・パキン、結婚してママになってもバイセクシャルは変わらない

アンナ・パキン米HBOにてファイナルシーズンが放送中の『トゥルーブラッド』で、スーキー役を演じるアンナ・パキンは、2010年バイセクシャルであることを告白。本作の共演者スティーヴン・モイヤーと結婚してママになった今も、バイセクシャルであることは変わらないと明かしている。

【関連記事】アンナ・パキン、キャリー・プレストンなど豪華スターが煌びやかに登場 『トゥルーブラッド』シーズン6 プレミアに潜入!(女性編)

米E! Onlineによると、米Ora局のトーク番組『Larry King Now』に出演したアンナが、インタビューに応えたときのこと。司会のラリー・キングに、"もうバイセクシャルではないの!?"と質問を投げかけられたアンナは、「スティーヴンと結婚して、幸せな一夫一婦の結婚生活を送っているわ」と回答。そしてラリーの"でもバイセクシャルだった?"とのツッコミには、「"だった"と過去形じゃないわ。私はバイセクシャルであり、妻で母親でもある。交際中であっても、パートナーと破局したり死に別れても、性的嗜好は変わらないでしょ? そんな簡単に変わるものではないわ」と、今でもバイセクシャルであることを認めた。

以前のインタビューでは、「自分の性的嗜好を受け入れているし、隠すつもりもない。バイセクシャルに対して偏見や先入観があるけど、人々がもっとオープンに語れば大したことではなくなるはずだわ」と、バイセクシャルを打ち明けたことに後悔はないと語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:アンナ・パキン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP