『スター・ウォーズ』Xウイング戦闘機をフィーチャーした映画を予定?

DISNEY EXPO JAPAN 20142015年12月に公開される『スター・ウォーズ エピソード7』(J・J・エイブラムス監督)を皮切りに、米ディズニーは、同シリーズの新作を毎年1本のペースで公開していく意向を明らかにしている。その一環となりそうな、新たなプロジェクトのウワサが浮上した。

【関連フォト】『スター・ウォーズ』ブランド が加わった過去最大規模の『DISNEY EXPO JAPAN 2014』開催!

このウワサの出所はドイツのスター・ウォーズ情報サイト、Star Wars Union。同サイトによると、同シリーズの関連トイを扱う米ハズブロが主催するイベントにおいて、2014~20年にわたる新プロジェクトの予定が告知されていたという。

そして、その簡潔な予定表には、新アニメシリーズ『Star Wars: Rebels』や、エピソード7、8、9、すでにスピンオフ映画の主人公としてウワサになっているボバ・フェット、ハン・ソロに加えて、2020年に"Red Five"という記載があったということだ。

"Red Five"は、映画『~エピソード4/新たなる希望』のクライマックスにおいて、デス・スター撃破のためにXウイング戦闘機で出動したルーク・スカイウォーカーに与えられたコールサイン。このことから、若き頃のルーク、あるいはそうでなくても、レッド中隊のXウィングをフィーチャーした映画が作られるのではないか、という推測が出ている。

ただし、これはあくまでウワサにすぎず、たとえ"Red Five"が実在のプロジェクトだとしても、スピンオフ映画であるという確証はない。英語圏のサイトも上記の情報を紹介したが、ハズブロの通達により記事は削除された。とはいえ、Xウイングは同シリーズで最も印象に残る宇宙船メカのひとつだけに、事実とすればファンを大いに喜ばせるのは間違いないだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:DISNEY EXPO JAPAN 2014

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP