米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

ケヴィン・スペイシー主演の復讐劇! 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン2、6月26日(木)より日本初放送!

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』ケヴィン・スペイシー主演の<欲>と<復讐>の政治ドラマ、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。シーズン2がBSイマジカにて6月26日(木)より日本初放送スタート。

【関連特集】『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督が手掛けた超大作ドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』など多くの大ヒット映画を手掛けてきた鬼才、デヴィッド・フィンチャー監督が初めてドラマシリーズをプロデュース。主演に『セブン』のケヴィン・スペイシーを迎え、総製作費100億円がつぎ込まれた本作。インターネットテレビネットワーク「Netflix」で一斉配信されると、見始めたら止められない面白さと衝撃の内容がたちまち話題に! 第65回エミー賞では、9部門でノミネートされ、ネットドラマとして史上初となるドラマ部門監督賞ほか3部門を受賞。第71回ゴールデン・グローブ賞では、ロビン・ライトが主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。

主人公は、大統領に裏切られ、国務長官就任を白紙にされたベテラン議員フランシス・アンダーウッド(ケヴィン・スペイシー)。怒りと失意が、彼を政治のパワーゲームへと駆り立て、自らをおとしめた者への復讐を繰り広げる。前シーズンで副大統領候補にまでのぼりつめたフランシスは、妻のクレア(ロビン・ライト)とともに、さらなる権力を手にし、その権力を保守するための行動はますますエスカレートしていく。一方、野心的な政治記者ゾーイ・バーンズ(ケイト・マーラ)は、フランシスの陰謀の真相に迫るが...。

本シーズンでは、アカデミー賞ノミネート経験を持つボー・ウィリモンが脚本を手掛け、アカデミー賞受賞女優ジョディ・フォスターや、クレア役のロビン・ライトが演出を務めたエピソードも話題に! 驚愕の幕開けとなる第1話から、前作に続く衝撃的な展開が待ちうける!

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン2は、BSイマジカにて、字幕版が6月26日(木)21:00より、吹替版が6月27日(金)13:30よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
(c)2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP