ロバート・デ・ニーロ、6年ぶりの来日! 『マラヴィータ』ジャパン・プレミア

ロバート・デ・ニーロ現在開催中の第26回東京国際映画祭で特別招待作品に選ばれた『マラヴィータ』の上映にあたり、主演のロバート・デ・ニーロが来日を果たし、10月22日(火)、六本木ヒルズアリーナで開催されたジャパン・プレミアに登場した。

【関連記事】イタリアンマフィア IN USA ~生い立ちと追憶の場所の巻~

『グッド・シェパード』以来、6年ぶりの来日となるデ・ニーロは、夫人のグレイス・ハイタワーとグリーン・カーペット上に姿を現し、会場に集まったファンが見守る中、握手やサインになど、笑顔でファンサービスに応じた。

本作は、FBIの証人保護プログラムによって家族と共に保護された元マフィアの、トラブル続きの潜伏生活と、現役マフィアとの仁義なきバトルを描いた痛快エンターテインメント。製作総指揮はデ・ニーロと共に『タクシードライバー』など数々の傑作を生み出してきたマーティン・スコセッシ、監督は『レオン』のリュック・ベッソンが務め、映画界の超大物3人による初のコラボレーションとなる作品だ。

"ハリウッドの黄金コンビ"とも謳われるスコセッシについて尋ねられると「(スコセッシとの仕事は)いつも、とても楽しいよ。実は、また一緒にやる企画も持ち上がっているんだ」とコメント。今後の再タッグを示唆する発言に、会場からは歓声の声が上がった。また、本作で初共演となるトミー・リー・ジョーンズについては「ベテラン同士だから気楽にできた。とても楽しい時間だったよ。脚本が良くて、とても助けられた」と振り返った。

最後には、来場したファンについて「こんなに若い人たちが来てくれるなんて」と感激した様子を見せ、「日本のファンは本当に行儀がいいね。これまでプロモーションでいろいろなところに行ったけど、他の国だとみんなもっとギャーギャー叫んだりすごいんだ...」と日本のファンのマナーの良さを称賛し、笑顔で会場を後にした。

本作には、他にも『恋の行方/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』のミシェル・ファイファーや、海外ドラマファンには『Glee/グリー』のクイン・ファブレ役でおなじみディアナ・アグロンなど豪華なキャストが出演している。

『マラヴィータ』は11月15日(金)TOHOシネマ図有楽座、他全国にてロードショー。
(海外ドラマNAVI)


Photo:ロバート・デ・ニーロ
©EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP