『メンタリスト』シーズン6で、あのレギュラー出演者2名が降板!?

アマンダ・リゲッティ、オーウェン・イオマン鋭い観察眼で人の心を巧みに操る犯罪心理のスペシャリスト、パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)の活躍を描く人気ドラマ『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』。本国アメリカでは、9月末より待望のシーズン6が放映されるが、このシーズン限りで視聴者にも人気の高いオリジナルのキャスト2名が降板するという可能性が浮上した。

【関連特集】パトリック・ジェーンvsレッド・ジョン 直接対決記念!『メンタリスト』3rd SEASON

米TV Guideによると、シーズン1からの出演者で降板の噂があるのは、アマンダ・リゲッティ演じる若手捜査官グレース・ヴァンベルトと、そのヴァンベルトに好意を抱く放火事件のスペシャリスト、ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)の2名。

本作の製作総指揮を務めるブルーノ・ヘラーは、この降板について、「今の段階では、否定も肯定もできないんだ。ただ、すべてが劇的に変わるこのシーズン6では何が起こってもおかしくない」と、意味深な発言をしている。

シーズン6では、いよいよ連続殺人鬼レッド・ジョンの正体が明かされるというが、この二人の降板とレッド・ジョンの正体には、何か関連があるのだろうか...?

ヘラーは、「レッド・ジョンの正体を明かすには、何らかの代償を払う必要があるんだ。でも、容疑者を一人ひとり消していくようなことはしないよ。ある者は不幸な結末を迎え、その他は最後まで生き延びる」と語り、レッド・ジョンの魔の手が誰かに迫っていることをほのめかした。

これまでの謎がすべて明らかになる『メンタリスト』シーズン6は、絶対に見逃せない!(海外ドラマNAVI)

Photo:降板の危機!? アマンダ・リゲッティとオーウェン・イオマン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP