フィンのいない『Glee』は継続可能なのか!? コーリーの突然の死で製作陣が苦悩!

コーリー・モンテース2週間前、シーズン5のスチール撮影のため顔を合わせたという『Glee/グリー』の主要キャスト。その場にいたフィン役のコーリー・モンテースがすでにこの世にいないことを、いったい誰が想像できただろうか。突然飛び込んできたコーリーの訃報は、共演者やファンのみならず製作陣にとっても大きな衝撃となっている。

【関連記事】超濃密! 『Glee』撮影スタジオ潜入記 【序章】

7月13日にバンクーバーのホテルで亡くなっているところを発見されたコーリー。シーズン5の初回エピソードが9月11日に放映予定ということもあり、製作サイドは悲しみに暮れる間もなくコーリーの死を番組内でどのように扱うか早急に決める必要がある。

しかし、米FOX Newsによると、製作総指揮のライアン・マーフィーを始めプロデューサーらは、フィンのいない『Glee』のストーリーをどのように展開すべきか、頭を悩ませているようだ。ドラマの中でフィンが亡くなった、という形にするのが最もシンプルであることは間違いないが、その方法はあまりに悲しく、『Glee』が持つ楽しく明るい雰囲気にそぐわないという懸念がある。しかし、主要キャラであり、リー・ミシェル扮するレイチェルの恋人でもあるフィンが不在のままストーリーが進んでいくのは、やはり現実的ではなさそうだ。

中には、死因がどうであれ、実際のコーリーの死をそのままドラマに取り入れるという驚きの案も。現実をあるがままに受け入れることが、悲しみの淵にいる共演者やファンを救うことになるというが、シーズン1以来高視聴率をキープし続けてきた人気番組だけに、製作側の決定は慎重を要している。

ちなみに、これまでもドラマの主要キャラを演じる俳優が亡くなったケースはある。しかし、そのキャラをメキシコに旅行中という設定にしたり、突然心臓発作で亡くなったという設定にしたりと、製作側の苦肉の策で乗り切っても、視聴率が低下して打ち切りを余儀なくされた番組も多いという。

『Glee』の今後はいったいどうなるのだろうか。製作陣の憂慮はまだまだ続きそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:コーリー・モンテース
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP