「できれば美女を運びたい!」藤原啓冶が語る『トランスポーター ザ・シリーズ』プレミア試写会

藤原敬啓治『NIKITA/ニキータ』他、数々の名作を世に送り出したリュック・ベッソンが手掛けた映画『トランスポーター』が、TVドラマ版として帰ってきた! それが『トランスポーター ザ・シリーズ』である。本作がムービープラスにて6月2日(日)より放送されるのを記念し、19日プレミア試写会が催された。

【関連フォト】このイベントの模様はNAVIフォトギャラリーでもお楽しみください!

会場には、本作の主人公フランク・マーティン(クリス・ヴァンス『プリズン・ブレイク』)の声を担当した藤原啓治が登場! フランクが常にクールないでたちで女性にモテまくり...という設定に合わせ、黒スーツ&黒ネクタイ、そしてグラサン姿という、これまた超クールな姿で登場すると場内から歓声があがった。

しかし、どうしてもクールなままではいられないのか、「今日は普段着で来ました。家でもこんな感じです。アフレコ現場でもこの姿です」と観客やマスコミに真顔で返したり、客席から集められたアンケートに記載されていた質問者(女性)の年齢を聞いては嬉しそうにニヤニヤ...。フランクとは真逆のユーモアあふれる運び屋となっていた。

とはいえ、来場者の中から選ばれた一般客を交えての生アフレコ体験では、一言発した瞬間にすっと寡黙でセクシーなフランクに変身する藤原。時には初アフレコに戸惑う一般客にアドリブで突っ込んだりと、さすがの余裕を見せていた。

なお、実際のアフレコ現場では「この作品は、固定キャストがごく少数で、逆にゲストが毎話たくさん登場するんですよ。毎話新しい方がいらっしゃるので常に現場が新鮮ですね」と語る藤原。もしこの作品に出演して、何かを運ばなければならないとしたら? という問いに「やっぱり美女を運びたいですね」と再びニヤニヤ。最後まで観客やマスコミを笑わせ続けた藤原だった。

『トランスポーター・ザ・シリーズ』は、6月2日(日)20:00からムービープラスにて放送スタート!(海外ドラマNAVI)

Photo:藤原啓治

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP