本文へジャンプ

コンテンツ検索へ

海外ドラマNAVI » ニュース » 国内番組事情 » 超凄腕の"闇の運び屋"『トランスポーター』がTVドラマに! 『トランスポーター ザ・シリーズ』6月より日本初放送!

超凄腕の"闇の運び屋"『トランスポーター』がTVドラマに! 『トランスポーター ザ・シリーズ』6月より日本初放送!

20130416-00000003-dramanavi-1-00-view.jpg『レオン』『ニキータ』を手掛けたリュック・ベッソン製作・脚本の映画『トランスポーター』のTVドラマ版『トランスポーター ザ・シリーズ』が、6月よりムービープラスで日本初放送されることが決定した。

『トランスポーター ザ・シリーズ』は、映画の世界観をそのまま引き継いだ、最高のスリルとアクションが楽しめる、1話完結・全12話のTVドラマだ。「1.契約厳守 2.名前は聞かない 3.依頼品は開けない」という3つのルールを自分に課し、職務を全うするプロ中のプロ、フランク・マーティンは、超高額な報酬と引き換えにどんな依頼品でも正確に目的地まで運ぶ超凄腕の闇の運び屋=トランスポーター。フランクのもとに舞い込んでくる依頼は、その腕を頼ったクライアントからの死と隣り合わせた危険なものばかり...。

主人公フランクを演じるのは、世界中で大ヒットしたドラマ『プリズン・ブレイク』シーズン3のキーマンや、精神医療ドラマ『メンタル:癒しのカルテ』で主演を務めたクリス・ヴァンス。天才的なドライビングテクニックで依頼品を運ぶ、クールでダンディな男を演じる。クリスが鍛え上げられた肉体美を惜しげもなく披露するアクションシーンは圧巻。スリリングなアクションが、ノンストップで繰り広げられる。本作にはクリスのほかに、映画版『トランスポーター』シリーズにも出演している名優フランソワ・ベルレアンが、フランクの仕事がワケありであることを感じつつも理解を示し、時に手助けするタルコニ警部を演じる。

放送は日本語吹替版と日本語字幕版。日本語吹替版では、フランクを藤原啓治(映画『アイアンマン』ロバート・ダウニーJr.役『鋼の錬金術師』ほか)が、タルコニ警部役を小島敏彦(『私はラブ・リーガル』ラリー役、『ミッション:インポッシブル』ゴースト)が担当する。

『トランスポーター ザ・シリーズ』は、ムービープラスで6月2日20:00からスタート。またこれに先駆けて5月5日(日)16:00から、第1話の日本語字幕版も先行放送される。(海外ドラマNAVI)

(C) 2012 DRIVER FOR HIRE (QVF) INC./ATLANTIQUE PRODUCTIONS S.A. "All Rights Reserve"d

シェアする Hatena ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks livedoor クリップに追加 del.icio.usに追加

コメントを書く

『ゲーム・オブ・スローンズ』第三章:戦乱の嵐-前編- 第一話独占フル配信





ニュースカテゴリー