『THE TUDORS』ジョナサン・リス・マイヤーズ主演、NBCがドラキュラのドラマをシリーズ化!

ジョナサン・リス・マイヤーズNBCが新たに古典小説「ドラキュラ」をモチーフにしたドラマをシリーズ化すると発表した。主演は、『THE TUDORS ~背徳の王冠~』で主人公ヘンリー8世を演じたジョナサン・リス・マイヤーズ。すでに10話の製作が決まっているという。

物語の舞台は19世紀のロンドン。主人公ドラキュラは、表向きはアメリカから最新の科学を紹介するという名目で人間社会に紛れ込み、数世紀前のリベンジを図ろうとする。しかし、亡くなった妻の生まれ変わりかと思われるような女性と出会い、抗いようもなく恋に落ちる...。

「ブラム・ストーカーの古典小説『ドラキュラ』の新ヴァージョンになる」とNBCのボブ・グリーンブラット氏。映画『トワイライト』シリーズとドラマ『トゥルーブラッド』を合わせたような世界で、なおかつオリジナルの世界観に回帰することを示唆。さらに、主人公を演じるジョナサンの代表作である『THE TUDORS』の感性ももたらされるだろうと期待を込めた。

脚本は、共同製作総指揮でもあるコール・ハドン。脇を固める製作総指揮者には、『24-TWENTY FOUR-』のトニー・クランツ、『ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~』のギャレス・ニーム、『PAs ~秘書たちのゴシップライフ』のアン・メンサーなどの人気ドラマを手掛けた製作者が並んだ。

『THE TUDORS』では、その奥深い演技が評価され、2年連続でゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたジョナサン。どんなドラキュラを演じるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョナサン・リース・マイヤーズ
(c)Richard Buxo/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP