本文へジャンプ

コンテンツ検索へ

海外ドラマNAVI » ニュース » 国内番組事情 » 2011年エミー賞で6部門受賞『ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~』日本に上陸!

2011年エミー賞で6部門受賞『ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~』日本に上陸!

先日発表された第63回エミー賞で6冠を達成した英ITVの人気ドラマ『ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~』が、いよいよ日本に上陸する。

1912年、イギリスの大邸宅"ダウントン・アビー"に住むクローリー家に、タイタニック号沈没の悲報が入る。船にはクローリー家の長女メアリーの婚約者が乗船しており、タイタニック号もろとも海に沈んでしまったのだ。クローリー家の当主グランサム伯爵(ヒュー・ボネヴィル)は息子がいないため、新たに相続人として遠縁のマシューを迎え入れるが、メアリーはマシューを好きになれず、伯爵の母もマシューを好ましく思わない様子。

相続権をめぐる貴族たち、さらには、クローリー家で働く使用人たちの人間関係も絡みあう愛憎劇が世界中から高い評価を受け、今年のエミー賞では、ミニシリーズ/TVムービー部門で作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、衣裳賞を受賞。作品が持つ圧倒的な強さを見せつけた。

『ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人~』は、10月18日(火)21:00からスター・チャンネル1で字幕版が、そして10月19日(水)22:00からスター・チャンネル3で吹替版が放送される。(海外ドラマNAVI)

シェアする Hatena ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks livedoor クリップに追加 del.icio.usに追加

コメントを書く

海外ドラマNAVI編集部セレクト!!『STRIKE BACK ストライクバック』掟破りの極秘部隊が無謀なミッションに挑む、お子様禁制一大アクションエンターテイメント!





ニュースカテゴリー