米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

思わず読みたくなる!情報満載 海外ドラマNAVI編集部 アメリカ支局なう!! 辛口ゴシップ情報から、先取りの番組情報、限定お宝グッズ情報など、LA&NYを中心に、アメリカ在住の特派員が生な情報を直送でお届けします。ここでしか読めない最新情報満載!お楽しみに。

スターつぶやき探訪<vol.1>ノーマン・リーダス

ソーシャル・ネットワークの普及でより近くなった海外スターとの距離。とはいえ、忙しくて定期的にはチェックしていなかったり、日本語でないからちょっと分かりにくいという人もいるのでは? それでもやっぱり彼らについてもっと知りたい!という方のために、NAVI編集部が独断と偏見で選んだスターたちのつぶやきの数々(日本語訳付き)からその近況をお伝えしちゃいます!

20170530_NormanReedus_01.jpg

第1回は、世界中で爆発的ヒットを記録しているサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のダリル役でおなじみのノーマン・リーダス。ダリルという役柄の魅力だけでなく、ノーマン自身による気さくでユーモアたっぷりの人柄もファンや同僚に愛される理由だと思いますが、SNSからもそんな彼の姿が垣間見えます。

TwitterInstagramともども結構頻繁に更新してくれるノーマン。フォロワーは前者が375万人、後者が573万人です(2017年5月時点)。流石の人気ですね。

『ウォーキング・デッド』はシーズン7が4月初めに放送終了となりましたが、彼自身は何かと忙しい日々を送っている模様。『ウォーキング・デッド』と同じ放送局である米AMCが昨年スタートさせた、ノーマン主演のリアリティ番組『Ride With Norman Reedus(原題)』のシーズン2がもうすぐ始まるんです。

Happy weekend everybody□. (New ride episodes coming soon)

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

みんな、いい週末を過ごしてくれよな(『Ride~』の新しいエピソードがもうすぐ始まるんだ)

この番組は、題名の通り、バイク好きのノーマンが連れとともにバイクで全米を巡り、バイカーが好きな場所を回って、各地のバイク文化を探る内容。彼が訪れる都市や同行者は毎回変わり、シーズン1ではパシフィック・コースト沿い、デスバレーなどに立ち寄っています。

シーズン2でノーマンは誰と一緒に、どんなところへ向かうのか...。『ウォーキング・デッド』の共演者アンドリュー・リンカーンはすでにその答えを知っているみたいです。ノーマンが、彼に"お先見"させている時の画像をアップしています。

雨が止むのを待つ間、俺のトレーラーでアンディが『Ride~』の新しいエピソードを見てるとこだ(新シーズンの『Ride~』と『ウォーキング・デッド』、どっちもスゲーいいんだぜ!!)

アンドリューとは一緒に来日した時も仲の良さを披露していましたが、SNSでもこういう風に一緒に過ごしたり、ふざけ合っている様子をよく載せています。『ウォーキング・デッド』シーズン7の放送が終了した4月には、アンドリューがウォーカー気分(?)になった動画を投稿していました。

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

もちろん、ノーマンとアンドリューに限らず、『ウォーキング・デッド』のキャストたちが全員仲が良いことはみなさんご承知の通りですよね。そのご多分に漏れず、ノーマンとニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンともカメラの外では仲良しで、プロモーション先のスペインでもブロマンス感満載だったみたいです。下は『Ride~』関連の映像らしいけれど、ということはつまり、ノーマンがジェフリーとツーリングするってこと??

先日5月23日に52回目の誕生日を迎えたメリッサ・マクブライド(キャロル役)にも、愛情たっぷりのメッセージと画像を贈っています。それにしてもメリッサ、お若いです!

HAPPY BIRTHDAY TO ONE OF MY FAVORITE PEOPLE EVER. LOVE YOU MEL❤️

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

俺の大好きな人、誕生日おめでとう。愛してるよ、メル❤


そんな『ウォーキング・デッド』キャストたちの名チームぶりを、宇宙のはぐれ者たちが力を合わせて戦うマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のポスターのパロディで示したものをノーマンが紹介してます。並べてある下の本物と見比べてみてもらえればと思いますが、かなりの完成度。上のキャスト名もちゃんと差し替えられてます。ちなみに、ダリルの兄メルルを演じていたマイケル・ルーカーは、もともと『ガーディアンズ~』のキャストだったので差し替えられてません。ディクソン兄弟、久々の共演作『SURVIVORS OF THE APOCALYPSE(世紀末のサバイバーたち)』、ぜひどこかで製作&公開してほしい!

20170530_NormanReedus_02.jpg

あとノーマンは、「俺のもう一人の兄弟」と呼ぶ"マイケルお兄ちゃん"との共演シーンが今も思い出深いみたいです。

『ウォーキング・デッド』で今も大好きなセリフの一つだよ(※下の動画参照)

一方、ノーマンが同じく深い思い入れを持っている(はずの)映画『処刑人』がTVシリーズ化されますが、映画版2本に兄弟役で主演していたノーマンとショーン・パトリック・フラナリーは今回は出演しないとのこと。ショーンがtwitterで報告したのを、ノーマンがリツイートしています。ということは本当なのかなあ...残念!


ノーマンはあの『ハンニバル』のスターとも同じ作品に参加しているんですよね。これについてはまず、彼が投稿した動画をご覧ください。

Oh yeah

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

マッツ・ミケルセンが怖すぎます! この動画は、ゲーム「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」からの映像。マッツとノーマンのほか、監督のギレルモ・デル・トロ(『ストレイン』『パンズ・ラビリンス』)もゲームのキャラクターとして参加しているんです。なお、ノーマン登場のティーザートレーラーはこちら

そのマッツ、ノーマン、そしてジェフリーという斬新な3人組でこの春どこかに出掛けたようで、こんな画像を上げています。マッツはほかの二人ほどワルになりきれないのか、一人だけ指の形が違いますね。

Goodmorning

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

こうした多忙な日々を送るノーマンは、空いた時間は愛猫のeye in the dark(これが名前)と過ごしてリラックスしてるみたいですね。こんな風に二人でまったり過ごしている姿をよく投稿しています。

eye in the darkとノーマンの仲良しっぷり(動画)はこちらでどうぞ。2013年、ノーマンは愛猫とともにPeople誌の取材に応じています。

知らない人がいるからかちょっと落ち着かない猫を優しくあやすノーマンの姿、たまりませんね。セクシーな男性という企画で取材されることに違和感を覚えた彼は、猫と一緒に出ることになって「みんな、(俺じゃなくて)猫を見ればいいから」と安堵したのだとか。そんな彼らの出会いは、ある日突然やってきました。ノーマンの息子が5歳くらいの時に黒い子猫が飼いたいと言い出したので、ニューヨーク中を探し回ったノーマンがイーストヴィレッジの路上でようやく見つけたのが、野良猫だったこのeye in the dark。名前の由来は、暗い部屋だと、息子さんが猫の目しか見えなかったからとのこと。なお、ノーマンの息子ミンガス・ルシアンくんは1999年生まれなので、そうなるとeye in the darkは現在13歳くらい? 人間ならそろそろシニアですね。

社交的なノーマンは交友関係が広いですが、その中で気になるのがここ最近のある投稿。先日開催されていたカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したダイアン・クルーガーに関するものです。2015年の共演をきっかけに交際していると前から噂されていた二人。今年3月には道端でキスしている写真も撮られ、恋人関係にあるのは確実と見られていますが、そんなダイアンの出演作と彼女自身の演技が評価されたことがノーマンは嬉しくて仕方ないよう。

Standing O ! Congrats you guys !!

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -

スタンディングオベーション! みんなおめでとう!!


YESSSSS ♥️♥️♥️

norman reedusさん(@bigbaldhead)がシェアした投稿 -


まずは作品の上映後に起きたスタンディングオベーションについて伝え、終幕直前に発表された一連の賞でダイアンが女優賞に輝くと「YES」という文字とともに、ハートマークを並べています。これはやはり単なる友人に対するものではなく、二人は恋人ということなのでしょうか。うーむ、気になります。

編集部ではこれからも『ウォーキング・デッド』や『Ride With Norman Reedus』の情報、私生活のことなどを追っていきたいと思います。みなさんもよかったらノーマンのSNSをチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら、 してください♪

Photo:
『ウォーキング・デッド』
(c) 2016 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
(C) Marvel Studios 2017

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

現地特派員

キャサリン

キャサリン

編集部イチの海外ドラマ通。アメリカ支局で西へ東へ大忙し!

記事を見る

サーシャLK

サーシャLK

カリフォルニア州在住。CIAが活躍するスパイ・サスペンス、警察・FBI・DEA(米国麻薬取締局)が活躍する犯罪捜査系、裏社会に生きる無法者を描いたハードボイルド系ドラマ、辛辣な風刺コメディが特にお気に入り!

記事を見る

明美・トスト/Akemi Tosto

明美・トスト/Akemi Tosto

ロス在住歴20ン年。子供の頃から映像ひとすじのイヌ大好き人間

記事を見る

オー・ソレミヨ

オー・ソレミヨ

笑えて泣ける美味いドラマが大好物です。NY在住。

記事を見る

パエリア・サングリア

パエリア・サングリア

ノードラマ、ノーライフ。北九州産ニューヨーカー。

記事を見る

TAKO社長

TAKO社長

夜が更けて 家族が寝入り ドラマ観る 止め時逸し 明日も寝不足
(LAにて)

記事を見る

Lucky

Lucky

海外ドラマを愛してやまないアメリカ在住のブロガー、LAで修業中。

記事を見る

園芸二

園芸二

陽光降り注ぐサンディエゴで引きこもってるオタクドラマファン。

記事を見る

びねくにこ

びねくにこ

ドラマで人間観察が趣味だが、感情移入しすぎてよく泣く。SF在住。

記事を見る

PAGE UP