米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

思わず読みたくなる!情報満載 海外ドラマNAVI編集部 アメリカ支局なう!! 辛口ゴシップ情報から、先取りの番組情報、限定お宝グッズ情報など、LA&NYを中心に、アメリカ在住の特派員が生な情報を直送でお届けします。ここでしか読めない最新情報満載!お楽しみに。

2016~17年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.6>『グッド・ワイフ』スピンオフ『The Good Fight』

2016~2017年シーズンに始まる注目ドラマの予告編をお届けする連載。6回目の今回は、米CBSのストリーミングサービス、CBS All Accessで配信予定で『グッド・ワイフ』のスピンオフ版にあたる『The Good Fight』を紹介しよう。

(本記事は、同シリーズのネタばれとなる記述、映像を含みますのでご注意ください)

20161219GoodFight01.jpg



【関連記事】2016~17年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.5> 『ザ・プラクティス』のスタッフが贈る法廷サスペンス『Goliath』 

『グッド・ワイフ』の最終話から1年後を描く『The Good Fight』は、『グッド・ワイフ』初回からのオリジナルキャストである弁護士ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)と、シーズン7でレギュラーだった弁護士ルッカ・クイン(クシュ・ジャンボ)を中心に描く法廷ドラマ。ダイアンの名付け子で新人弁護士マイア(『ゲーム・オブ・スローンズ』のローズ・レスリー)が巨額の詐欺事件に巻き込まれて評判を落としたことで、ダイアンが全財産を失って、自身の法律事務所も追われ、ルッカが働く著名な法律事務所で働かざるを得なくなったことでストーリーは始まる。

スピンオフから参加する新キャストには、ローズの他にジャスティン・バーサ(『New Normal おにゅ~な家族のカタチ』)、デルロイ・リンドー(『BELIEVE/ビリーブ』)、ポール・ギルフォイル(『CSI:科学捜査班』)、バーナデット・ピータース(『SMASH』)、エリカ・タゼル(『JUSTIFIED 俺の正義』)も名を連ねる。クリエイターを務めるのは『グッド・ワイフ』を手掛けたミシェル&ロバート・キング夫妻。

"Things Will Get Nasty(厄介になるわよ)"と予告編にもあるように、『グッド・ワイフ』にも負けないほど濃いドラマになってくれることを期待している。

『The Good Fight』は2017年2月19日、CBS All Accessにて配信開始予定。

Photo:クリスティーン・バランスキー
(C)Andrew Kaye/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

現地特派員

キャサリン

キャサリン

編集部イチの海外ドラマ通。アメリカ支局で西へ東へ大忙し!

記事を見る

サーシャLK

サーシャLK

カリフォルニア州在住。CIAが活躍するスパイ・サスペンス、警察・FBI・DEA(米国麻薬取締局)が活躍する犯罪捜査系、裏社会に生きる無法者を描いたハードボイルド系ドラマ、辛辣な風刺コメディが特にお気に入り!

記事を見る

明美・トスト/Akemi Tosto

明美・トスト/Akemi Tosto

ロス在住歴20ン年。子供の頃から映像ひとすじのイヌ大好き人間

記事を見る

オー・ソレミヨ

オー・ソレミヨ

笑えて泣ける美味いドラマが大好物です。NY在住。

記事を見る

パエリア・サングリア

パエリア・サングリア

ノードラマ、ノーライフ。北九州産ニューヨーカー。

記事を見る

TAKO社長

TAKO社長

夜が更けて 家族が寝入り ドラマ観る 止め時逸し 明日も寝不足
(LAにて)

記事を見る

Lucky

Lucky

海外ドラマを愛してやまないアメリカ在住のブロガー、LAで修業中。

記事を見る

園芸二

園芸二

陽光降り注ぐサンディエゴで引きこもってるオタクドラマファン。

記事を見る

びねくにこ

びねくにこ

ドラマで人間観察が趣味だが、感情移入しすぎてよく泣く。SF在住。

記事を見る

PAGE UP