思わず読みたくなる!情報満載 海外ドラマNAVI編集部 アメリカ支局なう!! 辛口ゴシップ情報から、先取りの番組情報、限定お宝グッズ情報など、LA&NYを中心に、アメリカ在住の特派員が生な情報を直送でお届けします。ここでしか読めない最新情報満載!お楽しみに。

【お先見】『LOST』のアノ男優がヒーローを演じるスリル満載のサスペンス・ドラマ!『Intelligence』

20140207_k01.jpg

人気海外ドラマ『LOST』でメイン・キャストのひとりだったジョシュ・ホロウェイをおぼえていますか? そう! あのイケメンで長髪のバッドボーイ、ソーヤー役の彼です。下手すると主人公ジャックを演じたマシュー・フォックスよりもファンが多かったんじゃないかというジョシュですが、そんな彼にやっとヒーローを演じる機会到来!『Intelligence』というタイトルは、"スパイ"、そして"知能・思考力"、というダブルの意味があり、まさに本作の内容をひとことで表した賢いタイトル!

【関連コラム】ジョシュとあの人がソックリだった!? そっくりさん、いらっしゃ~い!の巻【潜入パパラッチ】

20140207_k02.jpg主人公ガブリエル・ヴォーン(ジョシュ)は、主に対テロ作戦を遂行した米国陸軍特殊部隊デルタ・フォースの元・隊員。向こう見ずで熱くなりやすいのが玉にきず(これってソーヤーの性格じゃないですか!笑)なのですが、ずば抜けたIQを持ちコンバットに長けているばかりでなく、特殊なDNAの持ち主であったことから、"クロックワーク"と呼ばれる軍機密プロジェクトに参加することになります。このプロジェクトは、まだ試験段階の最新鋭コンピューター・チップを脳に埋めこむことで、その人間はサイバースペースにあるどんな情報でも瞬時にインターフェイスが可能となり、様々な情報を複合することでその場に居ずとも現場の様子などがバーチャル・リアリティで頭の中に再生できるようになる、というものです。

ガブリエルは、テロ事件阻止のために活躍するのですがそれとともに、ある意味で、政府の人間コンピューターとなった自分に対する疑問、そしてオトリ捜査中にテロ組織へ寝返ったとされる愛する妻への疑惑と苦悩と、ただのスーパー・エージェントのストーリーではなく、キャラクターに感情移入できる人間ドラマが満載されています。

20140207_k03.jpgおもしろい海ドラに欠かせないのが、主人公を取り巻く共演者たち。この番組でも最高のサポート陣が、ジョシュをバックアップしています。筆頭は、人気海外ドラマ『CSI:科学捜査班』でお馴染みのマーグ・ヘルゲンバーガー。一見クールで厳しいけど、実はガブリエルを思いやる女ボスのリリアンを演じています。さらに、リリアンの部下でガブリエルのお目付役ライリー捜査官には、TVドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』の赤ずきん役でお馴染みのミーガン・オリーが大活躍。厳しいながらも思いやりを持ってガブリエルに接する彼女は、孤独なガブリエルの心の拠り所になりつつあって、この先ひょっとしてロマンスも生まれたりするかも...!

『Intelligence』の醍醐味は共演陣にあり! と言っても過言ではありません。共演男優たちがまたイイんです! "クロックワーク"の特殊チップをデザインし、天才肌であると同時にちょっとヌケた感じのキャシディ博士には、性格俳優のジョン・ビングスリー(見れば、「あ~! あの人!!」って感じの愛すべきオヤジ俳優です)。あと、ワルモノ面でこちらもよく見る性格俳優トマス・アラナは、政府のサイバースペース監視局の局長を演じています。

20140207_k04.jpgそして番組をキリっと引き締める共演者が、待ってました、人気サスペンスドラマ『フリンジ』でお馴染みのランス・レディック! 彼が演じるジェフ・テタゾというキャラは、まだ謎に包まれているんですが、CIAディレクターという役回りで、リリアンすら知らないところで色々ダークな事に関わっていそうなボスです。このランスの役回りって、なんとなく『フリンジ』のフィリップ・ブロイルズ役を思い出しますね...。(←浸ってます)


ちなみに脚本・製作指揮マイケル・サイツマン氏によると本作は、70年代のヒット・ドラマ『600万ドルの男』にインスピレーションを受けてつくったストーリーだそうで、そこにサイバー時代という現代に欠かせない要素を加えたそうです。

ガブリエルのように、脳にチップを埋めるだけで人間の頭脳とサイバースペースを直結できるるなんて一瞬突拍子もないことに思えますが、メガネをかけるだけで目の前にコンピューター・スクリーンが見えるグーグル・グラスとか開発されてきてますし、近い将来には、『Intelligence』のようなことが実際に起きる可能性もあるわけです。

な~んてことを考えながら見ると、このドラマの面白さが倍増するんですねえ。早く日本でも放映されますように!


Photo:『Intelligence』
ジョシュ・ホロウェイ
マーグ・ヘルゲンバーガー
ランス・レディック
(c)2014 CBS Interactive. All rights reserved.
Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

現地特派員

キャサリン

キャサリン

編集部イチの海外ドラマ通。アメリカ支局で西へ東へ大忙し!

記事を見る

サーシャLK

サーシャLK

コメディからシリアス・ドラマまで幅広く好きなCA在住者。

記事を見る

明美・トスト/Akemi Tosto

明美・トスト/Akemi Tosto

ロス在住歴20ン年。子供の頃から映像ひとすじのイヌ大好き人間

記事を見る

オー・ソレミヨ

オー・ソレミヨ

笑えて泣ける美味いドラマが大好物です。NY在住。

記事を見る

パエリア・サングリア

パエリア・サングリア

ノードラマ、ノーライフ。北九州産ニューヨーカー。

記事を見る

TAKO社長

TAKO社長

夜が更けて 家族が寝入り ドラマ観る 止め時逸し 明日も寝不足
(LAにて)

記事を見る

Lucky

Lucky

海外ドラマを愛してやまないアメリカ在住のブロガー、LAで修業中。

記事を見る

園芸二

園芸二

陽光降り注ぐサンディエゴで引きこもってるオタクドラマファン。

記事を見る

びねくにこ

びねくにこ

ドラマで人間観察が趣味だが、感情移入しすぎてよく泣く。SF在住。

記事を見る

PAGE UP