あの二人の夫婦漫才もさらに加速!『HAWAII FIVE-0』声優インタビュー

2010年に開始するやいなや世界中で大ヒットとなり、いよいよシーズン7に突入した常夏ポリスアクション『HAWAII FIVE-0』。ド派手なアクションと絶妙なチームワークが魅力の本作で、劇中に負けないチームワークの良さを誇るのが吹替えの声優陣だ。今回はシーズン7のDVDが2018年1月11日(木)にリリース開始となることを記念し、スティーヴ役の綱島郷太郎、ダノ役の山路和弘、マックス役の藤原堅一の3人が赤裸々トークを展開。丁々発止な掛け合いから作品への突っ込み、気になるスティーヴとダノの夫婦っぷりまで、5-0らしさ全開のスペシャル座談会です!

20180105_hawaii_01.jpg

──『HAWAII FIVE-0』もついにシーズン7に突入するわけですが、まずは率直なお気持ちをお聞かせください。

綱島:そうですね、ここまで来ると7年もやってたんだっていう気もするんですけど、あまり実感はないんですよね。第1シーズンのことを昨日のことのように思い出せますし。不思議なものですよね。何でしょう、これって。結婚して10年くらい経つと「もう10年か、早いな」ってなったりするけど、それと同じ感じですかね(笑)

山路:おっさんみたいなこと言ってんなよ! 何年結婚してるってんだよ!

綱島:いや、移っちゃって、おっさん臭いのが(笑) ハイ、渡しま~す(笑)

山路:なんだよそれ(笑) でもあれだよね、よく続いたと思うよ。こんなに続くと思ってなかったから。最初の頃、みんなでハワイ旅行に行こうよとか話してたこともあるんだけど、こんなに続くんだったらできたよな、とか思って(笑) 最初からお金貯めてたら今頃行けてたよね、ハワイ。

──今からでも5-0貯金を始めるとか...。

山路:今からだと一回1万円以上貯めなくちゃダメじゃん。

綱島:そうそう。

山路:そら厳しいな、って(笑)

20180105_hawaii_03.jpg

──藤原さんは、シーズン1の途中から登場でシーズン2からレギュラーになったわけですが。

藤原:そうなんですよ。最初は僕、スポットで出て、「どうも、すみませんでした~」って帰ろうと思ってたんですよね。それがゲストの回数が増えて、「あ、まただ」って思ってる間にレギュラーになってました。緊張しながらも少しずつ慣れていって、ようやくほぐれてきたかなと思ったらもう7年経ってましたね。それでちょっと調子に乗ってきたなと思ったら、卒業になっちゃったんですけど(笑) 僕的にはちょうど良かったかなって感じもあるんですけど、やっぱり寂しいですよね。

──海外ドラマNAVIではシーズン3の頃にもお話を伺っているんですけど、その時からもうチームワークの良さがすごく伝わってきたんですよね。ドラマの中でもシーズンを重ねるほどオハナ(家族)感っていうのを強く打ち出していると思うのですが、そのあたり、吹替えチームとしてはいかがですか?

山路:まあ、これだけ一緒にやってればね。家族くさいよね。

綱島:うちにもオハナって子どもが生まれましたしね。

藤原:またこの話来た(笑)

山路:最近、なんて言うようになったんだっけ?

綱島:「チッチー」って。

山路:分かった、分かった。ハイハイ。

綱島:(笑) 何でしょうね。ただ雰囲気的にちょっと緩いんじゃないか、うちの現場はって思うことはありますよね(笑)

山路:いや、ちょっと不安ではあるのよ。よその現場行くと、みんなピシッとしてるじゃん。うちやっぱ緩いな、って(笑) みんな、ヘーヘーしてるんだよね、レギュラー陣(笑)

藤原:確かにそうかもしれませんけど...。でも失敗しないじゃないですか、本番で。

山路:するよ! ヒドかったよ、今日なんて(笑)

藤原:そりゃ、たまにはしますけど。でもレギュラー陣が失敗しないんで、他の人のプレッシャーはキツいんですよ。

綱島:でも、どっちがいいものを作り出す現場なのかって考えた時に、案外こっちなんじゃないかって思ったことがあるんですよね。

山路:おー、自画自賛!

綱島:俺もよく他の現場に行く時に、なんでこんな短い尺なのにこんな詰め込んで話さなきゃいけないんだってことがあるんですよね。息もつけないようなセリフがあったり。でも5-0の現場は、この作品の雰囲気を壊さないように必要最低限のことを伝えるっていう脚本作りがされていると思うんですよね。それが現場にも余裕となって表れるから、役者もマイクの前に立つと自然と集中できるんじゃないかって。あるじゃないですか、そういうの。

山路:そういうもんなのかなあ。

藤原:(演出の)壺井さんとのやり取り自体も割と家族的というか、いい雰囲気ですよね。

綱島:なかなかないですよね。

20180105_hawaii_07.jpg

──他の現場との違いっていうのは顕著に感じます?

山路:そりゃあるよ!

藤原:(ボソっと)凍りつくような現場とか...。

山路:あるね~。

綱島:俺に言われてるんじゃないのに、なんでこんなにヤバッて思うんだろうって(笑)

藤原:壺井さんもダメ出ししないわけじゃないんだけど、どこか優しいというか、ハワイ的な感じですよね。

山路:許容量が大きいから割と許されてるところはあるよね。今のオッケーなの?みたいな。今アドリブめちゃくちゃ言ったんだけど、オッケーなんだって(笑)

──結構アドリブもされるものなんですか?

綱島:いや、アドリブするのはこの人くらいで(と山路氏を指す)

藤原:我々は決まったものを決まったようにやるだけです。

山路:嘘つけ!

──でも確かに、スティーヴとダノとのやり取りなんかはアドリブが合いそうですね。

山路:あの人たち、口がずっと動いてたりするんですよ。だからしょうがないから(アドリブを)入れるんですよね。5-0の登場人物たちは割とゆったりした喋り方をしてるわけだけど、ケンカしている時なんかはそうはいかなくなってくるじゃないですか。だんだん早口になると(台本のセリフだけでは)言葉が足りなくなってくるから、継ぎ足すことになるんだよね。壺井さんもそれで「ハイ、オッケー」ってなるし。こっちが「オッケーなのかよ!」って驚くくらいだったんだけど、それがいつの間にか定着しちゃった(笑)

20180105_hawaii_04.jpg

──スティーヴとダノは最初から言い合いはしてましたけど、シーズンを重ねてどんどん夫婦感が強くなってますよね(笑) 倦怠期を迎えてセラピーまで受けてますし。

山路:そうそう。長い夫婦になってるよね。

藤原:臓器まで提供するしね。

山路:好きなのか、嫌いなのか、どっちなんだよ!ってなるよね(笑)

──そこがこのドラマの人気なんだと思うんですけど、やっぱりお二人の夫婦的なやり取りも磨きがかかりましたか?

山路:それはね、多分シーズン3くらいの頃から定着した気はするよね。

綱島:まあ、そうですね。

山路:最初の頃はね、「鬱陶しい喋り方するな、コイツ」とか思ったけどね。暑苦しい役者が来やがったって(笑) でもだんだん慣れてきちゃって。また(アレックス・)オローリンとすごく合うもんだから、そういうヤツに見えてきちゃうんだよね(笑) そう思うとこっちもそれが平気になってきて、なんかちょっかい出したくなってきたりするし。そうしているうちに、今みたいな感じが出来上がってたんだよね。でも前に二人で5-0とは全然関係ない舞台をやった時に、二人でいる場面が多かったんだけど、なんか5-0みたいになっちゃってね(笑) あれ? これいつか来た道じゃね?って(笑)

綱島:ありましたね!(笑)

──もう山路さんと綱島さんが一緒だと、周りからも5-0的なニュアンスで、って求められるんじゃないですか?

山路:いやもうね、我々二人でいるとそういう空気になる癖がついたのかもしれない。この7年で。怖いね~。

綱島:そうなんですよ。でも5-0だと、どっちかと言えばダノがボヤいてスティーヴが突っ込むタイプじゃないですか。それがこの前の舞台ではちょっと逆もあったんですよ。そういう時は「あー、これ難しいな」って思っちゃって(笑) 突っ込みが足りないとつい突っ込み返しとかしちゃったり。

藤原:役と違うことしてる(笑)

綱島:あの後、演出家の方に俺と山路さんともう一度あの舞台やりたいかって話した時に、どこを一番直したいか聞いたんだよね。そしたら「お二人のところです」ってキッパリ(笑)

藤原:ザックリ来ましたね(笑)

山路:息が合いすぎちゃったね(笑)

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

幕田千宏
幕田千宏

好きなものはとことんディープにがモットーの映画・海外ドラマライター。

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP