『ブラックリスト リデンプション』ライアン・エッゴールド(トム・キーン役)インタビュー

スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送となる、アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』。本家の人気キャラクターであるトム・キーンを主役に迎え、レディントンのブラックリストに載っているスーザン・"スコティー"・ハーグレイヴが自分の母親だと知った彼が、母親の経営する会社の秘密傭兵組織に入り、かつての敵ソロモンらとともに政府が関与できない裏の仕事に挑む一方で、スコティーの陰謀を探るという最強スパイアクションだ。

そんな本作より、キャストのインタビューを4回にわたってお届け。2回目の今回登場するのは、この度主役に"昇進"したトム・キーンを演じるライアン・エッゴールド。タイトルに秘められた意味や、2作掛け持ちの苦労、今後のキャリア展望などについて語ってくれた。

20171208_redemption_01.jpg【関連記事】『ブラックリスト リデンプション』ファムケ・ヤンセン(スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役)インタビュー

――すでに演じてきたキャラクターをより発展させていけるスピンオフに出演するというのはどんな気分ですか?

心躍るような気持ちだよ。僕たちは『ブラックリスト』で4シーズンかけて最高なキャラクターを創り上げてきたわけだけど、今回、トムの素性や生い立ちまで掘り下げて、新たな環境に置くことによって彼の新しい面を見せるということにすごくワクワクしている。

――タイトルにある「リデンプション(贖罪)」とはどういう意味なのでしょう?

「贖罪」という考えは確かに大きな役割を果たしているだろうね。というのも、トムはある意味、親に捨てられた孤児のような過去を持っているから。そういう素性が、埋めなければならない穴みたいなものを生み、それを直す術を考え出さなければいけないように仕向けているのだと思う。そうした生い立ちがトムのその後の人生につながっているんだよね。そういう意味で、トムの目から見ると、両親と彼自身にとって贖罪の余地があるということになるんだろう。

20171208_redemption_02.jpg

――トム・キーンは当初、第1話のみの登場のはずだったのに、その後もずっと登場して、今やスピンオフの主役になったわけですよね。そこに至るまでにはどのような経緯があったのですか?

この話は(製作総指揮を担当する)ジョン・ボーケンキャンプとジョン・アイゼンドレイスからも聞けるんだろうけど、彼らは第1話の最後でトムを殺すつもりだったんだ。でも、誰かが彼を生かしておくよう勧めて、じゃあ、シーズン1の最後で殺そうということになった。ところが、トムについて興味深いアングルが次々に出てきて、『ブラックリスト』に彩りを添えられるのではということに変化していったんだ。スピンオフについての話は、けっこう早い時期に出たことを憶えている。シーズン2の最後の方だったかな。とにかくそれぐらいの時に初めて話が出て、それから実現するまでに1年ぐらいかかったんだよ。

――その話が出た時は、ワクワクされたのでしょうね。

そりゃあね! もちろんだよ。トムはいろいろな面を持つキャラクターだから、演じていてすごく楽しい。とにかくタフで暴力的なところがある一方、すごく傷つきやすくて脆いところもあるんだよね。だから、演じていてとにかく楽しいんだ。

20171208_redemption_03.jpg

――『ブラックリスト』でのトムは善玉なのか悪玉なのか簡単には判断できない二面性のある人物として登場しましたが、『ブラックリスト リデンプション』では自分の両親のどちらが善でどちらが悪なのか分からないという逆の立場に置かれています。あなた自身は、どれぐらい先の展開まで知らされているのですか?

時と場合によるけど、だいたい2話ぐらい先の展開が分かっていることが多いかな。それ以上知らされる時もあるけど。でも面白いことに、先を知らない方がいいことが分かったんだよね。現段階のストーリーだけしか知らない方が演技しやすいんだ。その後に明かされる秘密や新たな事実を事前に知ってしまうことで、現時点での演技に影響が出てしまうのは嫌だから。将来起きることを前提にして演技したくはないんだ。

――長い間、同じキャラクターを演じるということについて、どう思われますか?

同じキャラクターを演じ続けることには、良い点と悪い点があるよね。良い点は、演じるキャラクターを本当によく理解できるようになって、どう演じるかということがキャラクターに反映されるようになること。僕自身、4年間もトム・キーンの身になっていたことで他の誰よりも彼の本質を見抜くことができるようになったのは、大きなプラス要素だ。

悪い点は、居心地が良くなりすぎたり、のんきに構えてしまって、努力したり頑張ったりすることを忘れたり、キャラクターを成長させて新しい状況や人間関係へと発展させることを怠ってしまうことだね。でも、長い間にわたり同じキャラクターを演じることによって様々な変化を経験できて楽しいから、利点の方が大きい。トムを例に言うと、最初に登場した時から完全に違う人物になっているというのは、演じていてすごくワクワクするし、願わくば視聴者にも僕のようにワクワクしてもらいたいね。

20171208_redemption_04.jpg

――本作ではトムが身体能力を発揮するシーンがより多くなるとボーケンキャンプが話していましたが、実際のところいかがですか?

僕もそう思うよ。これからもっと撮影する機会があったら、さらにそうなるんじゃないかな。第4話だったと思うけど、すごくいい格闘シーンがあったんだ。そんなシーンをもっとできたらいいね。普通よりも長くて複雑な格闘シーンで、『ジェイソン・ボーン』シリーズにインスパイアされた感じだったけど、ああいうのは演じていてすごく楽しい。複雑な格闘シーンをきっちり撮影するのは難しいけど、うまくいくと素晴らしい場面になるんだ。現場には優れた格闘シーンの振付師、ジョニーとクリスがいて、素晴らしい仕事をしてくれているから、今後もああいうシーンがあると嬉しいね。ちなみに、僕はスタントの多くも自分でこなしているんだ。得意でないことや、あまりに危険なことは他の人がやるけど、なるべく自分でやるようにしている。

――そうしたアクションシーンを演じるため、どんなトレーニングで身体を鍛えているのですか?

まいったな...。『ブラックリスト リデンプション』の撮影が始まる前にはジムに行ってトレーニングをする時間が取れたから、少しばかりウォームアップ代わりにボクシングをやってみたりウエイトトレーニングをしていたんだ。ところが、いったん撮影が始まったら、そんなことをする時間は完全になくなってしまった。なにしろ毎日15時間も撮影していたからね。月曜日の夜明け前から始まって、土曜日の午前中に撮影がなければ金曜日に終わるまで、1週間ずっと疲れ果てていた。そんな調子で全く時間がなかったから、悲しいことに、いかなる形でのエクササイズも一切できなくなってしまったんだ。でも、週に2回ぐらいは、例えばトレーナーに撮影現場まで来てもらったりして、なんとか収録中でもエクササイズができるような方法を考え出したいね。

20171208_redemption_09.jpg

――とはいえ、アクションシーンなどを見る限りでは、申し分のないコンディションのように見えます。そういうラッキーな体質ということなんでしょうね。

嬉しいことを言ってくれてどうもありがとう。撮影が始まる前にまずまず鍛えられたら、数ヵ月はそれが保ってくれるよう願うしかないんだ。でもシーズン後半になったら、シャツを脱ぐようなシーンはやるべきじゃないね。何もかもがボロボロの状態になっちゃうから。そういうわけで、なんらかの策を講じないといけない。こういうドラマに出演していると、エクササイズをする時間を見つけることはおろか、健康状態を良好に保って充分なエネルギーを維持するための時間を確保することさえ、すごく難しくなってしまうんだ。

【次ページ】トムはつらいよ!? 『ブラックリスト』2作掛け持ちの状況とは

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP