米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ブラックリスト リデンプション』ファムケ・ヤンセン(スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役)インタビュー

スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送となる、アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』。本家の人気キャラクターであるトム・キーンを主役に迎え、レディントンのブラックリストに載っているスーザン・"スコティー"・ハーグレイヴが自分の母親だと知った彼が、母親の経営する会社の秘密傭兵組織に入り、かつての敵ソロモンらとともに政府が関与できない裏の仕事に挑む一方で、スコティーの陰謀を探るという最強スパイアクションだ。

そんな本作より、キャストのインタビューを4回にわたってお届け。1回目の今回登場するのは、トム・キーンの母親であり、秘密傭兵組織を率いるスーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役のファムケ・ヤンセン。出演の経緯や自身のキャラクターの複雑さ、ドラマと映画の仕事の違いなどについて語ってくれた。

20171207_redemption_01.jpg【関連記事】日本版スコティーも登場!『ブラックリスト リデンプション』ボイスキャスト直撃インタビュー

――どのような経緯で『ブラックリスト リデンプション』出演の話が来たのですか?

去年の時点でショーランナーたちと会って『ブラックリスト』出演の可能性について話し合ったんだけど、その時は私に適した役がなかったの。でもその後、スコティー・ハーグレイヴを演じてほしいと言われたのよ。スコティーを『ブラックリスト』の最後の2話で登場させて、評判が良ければスピンオフを製作するつもりだって。だから、スコティーが登場した時からスピンオフのアイディアはあったわけなの。そして、晴れてスピンオフが実現したぐらい、視聴者がスコティーに興味を持ってくれてすごく嬉しいわ。NBCでの放送の評判も良いようで満足してるの。

――この作品のどんなところに惹かれたのですか?

スコティー・ハーグレイヴという人物ね。すごく興味深い女性よ。とても強い人だけど、同時に傷つきやすいところもある。そういう二面性を持つ性格に惹かれたの。強いと同時に傷つきやすいという人間を演じる機会なんて滅多にないから、そういう人物をスクリーン上に投影させてみたいと思ったのよ。

20171207_redemption_02.jpg

――彼女はどういう人物なのでしょう?

本編を見てもらえば分かることもあるし、あまりネタばれしたくないけど、スコティー・ハーグレイヴはハルシオン・イージスという会社を持っていて、合衆国政府やFBI、CIAが関われない仕事を傭兵を使って引き受けているの。夫と一緒に会社を経営していたけど、彼が死んだことになってからは、一人で経営しなければならなくなる。夫が死んでいるかどうかは、すぐ明らかになるわ。スコティーには息子もいたけど、3歳の時に行方不明になってしまって、彼女はすごく大きな打撃を受けているの。ところが息子は実は生きていて、今はトム・キーンという名前で彼女の夫に雇われて、会社で働くスコティーを密かに監視するよう命じられているのよ。

男性優位になっている仕事の世界で生きるため、懸命に頑張る女性を目にするのはすごく嬉しいわ。彼女はそうした世界で生き残るためにある種の強さを身につけなければならなかったのだけど、同時に非常に複雑な私生活を送っているの。心に深い傷を負っていることから、不適切な時に話したりするといったひねくれたところもあるけど、それでいて情にほだされたり傷つきやすい面も持ち合わせている。そうした要素は役作りをする上でとてもいい組み合わせだと思うわ。

20171207_redemption_05.jpg

――長年、映画界で活躍されてきましたが、ドラマの仕事はいかがですか?

以前にもドラマの仕事はしたことがあるのよ。3年続いた『ヘムロック・グローヴ』で主役を演じたし、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』や『殺人を無罪にする方法』ではゲストを務めたわ。スコティー・ハーグレイヴは素晴らしいキャラクターで、すごく気に入っているの。ドラマの仕事は映画とはまったく違うのよね。自分が演じるキャラクターの全体像が分かっていないし、これからどのように成長していくのかも分からない。それは時として、難しく感じることもあるわ。どのような人間であるかについて、その一部しか知らないまま役作りをしていかなければならないから。自分の役について、他の人と同じタイミングで知ることになるんだもの。撮影のペースも映画よりずっと速いし。映画といろいろやり方は違うけれど、ドラマの仕事をするのは好きよ。素晴らしい経験をしているわ。

――ドラマの場合、ストーリー全体もまだ明かされていないわけですから、渡された脚本を開いてみて驚くこともあるのでは?

いつもそうよ。「あら、あれはこういうことだったのね」みたいな。でも、それは私たちキャストにはどうにもできないことだから。製作総指揮者には長期的な計画があって、彼らの中では辻褄が合っているんでしょうから、私たちは彼らを信じるだけよね。

20171207_redemption_03.jpg

――今後のストーリー展開やキャラクターの変化は全く予想ができないとのお話ですが、スコティーとトムの関係がどのようになっていくのか、企画・製作総指揮を担当するジョン・ボーケンキャンプと話し合われましたか?

ええ。このドラマはどのような方向に進んでいくのか、キャラクターはどのような人間なのか、そして今後どのようなことが起きるのかについて、大体の感じをつかめればと思って、撮影が始まる前にジョン・ボーケンキャンプ、ジョン・アイゼンドレイスと話したわ。そしてスコティー・ハーグレイヴが、息子が実は生きていることも夫が生きていることも知らないという設定にしたの。一方で視聴者は最初から、彼女の夫も息子も実は生きていること、彼女が経営するようになった会社に潜入して彼女のことを密かに監視するよう、夫が息子に頼んだことまで知っているのよね。話を始めるにはすごく興味深い設定で、本作は最初から最後までその設定を基準にして展開していくの。詳しいことは見てのお楽しみにしておくわ。

――スコティーとトムにはそれぞれ謎めいた過去があって、それが少しずつ明らかになっていくわけですが、二人が共有する出来事のようなものを自分で創り出したことは?

あったわ。俳優として常に重要なことは、役作りをする際にできるだけ自分の持っているものを注ぎ込むことだと思うの。だから私はスコティーという役を創り出して膨らませていったわけなのだけど、さっきも言ったように、ドラマの場合は自分では予期しなかったような展開になったりするから、ちょっと難しいこともあるわね。自分が役に注ぎ込んだことが功を奏することを願うのみだったりするから。

20171207_redemption_04.jpg

――撮影はいかがでしたか? 特に印象に残っていることはありますか?

1週間前に収録を終えたばかりだから、全部よく憶えているわ。スコティーというキャラクターや『ブラックリスト リデンプション』に出演したという経験から抜けきれていない感じがするぐらいにね。いい思い出ばかりよ。現場は素晴らしい人たちの集まりだったし、共演者との仕事も楽しかったわ。収録ペースがすごく速かったし、仕事する時間は長くて、憶えなければならない台詞もたくさんあったから、そういうペースにずっとついていかなければならなかったことから疲れたのは事実ね。でも概して言えば、セットで仕事をするのが大好きだから、仕事に行くのは楽しかった。撮影は私が暮らしているニューヨークで行われたから、とても便利だったし。

【次ページ】スコティーと『X-MEN』シリーズのジーン・グレイは似ていない?

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP