Netflixオリジナル『オクジャ/okja』アン・ソヒョン&ポン・ジュノ直撃インタビュー

第70回カンヌ国際映画祭長編コンペティション部門にノミネートされたNetflixオリジナル映画『オクジャ/okja』で、家族のように大切にしてきたオクジャを救うために、韓国の山奥からソウルまでたった一人で旅に出る、勇敢な少女ミジャを演じたアン・ソヒョンと、監督のポン・ジュノがプロモーションのため来日した。

アン・ソヒョン&ポン・ジュノ

映画と比べるとぐっと大人びたアンだが、「あれからまた背が伸びたんです」と話す彼女に対し、「(彼女は)撮影中もどんどん背が伸びて、心の中で"これ以上大きくならないでー!"って叫んでいました(笑)」と返す監督の愉快なトークから始まり、撮影現場の雰囲気や、キャラクターの詳細についてが、和やかな雰囲気の中で語られた。

――『オクジャ』を見終わって、しばらくお肉はいらないかな、と感じる視聴者が多いと思いますが、実際にお二人はそのような気持ちになりましたか?

ジュノ:日本に来るとよく豚骨ラーメンを食べていたんだけど、今はすごく葛藤が生じていて...。誰かに見られたらどうしようって(笑)

それはさておき、映画の中でミジャが鳥の煮物を食べているように、これは菜食を強要している映画ではないし、だからといって肉食を批判している映画でもないんです。ただ、ここ数10年の間に生まれた、屠殺システムについては、一度立ち止まる必要があるのではないかと考えました。実際に私はシナリオを書いていた2015年に、コロラドにある東京ドーム4個分くらいの巨大な屠殺場に行きました。1日に5000匹近い動物たちが殺されるそのシステムの細かな部分まで見届けた後、2カ月近く肉は食べられませんでした。食べないのではなく、食べられなかったのです。そこで見たものがあまりにも圧倒的過ぎて。

アン:完成した映画を観たのは、撮影が終わって何カ月も経った後なので、その時には肉を食べていましたが、屠殺場を撮影した時には肉は食べなかったですね。自然と体が受け付けなくなっていました。

ポン・ジュノ

――先日行われた会見では、大きなブタのイメージを見たことが、映画誕生のきっかけとおっしゃっていましたが、それを彷彿とさせるような何かがあったのでしょうか?

ジュノ:会見で"見た"と言ったのは、想像したということなんです。想像したものを現実で形にしてスクリーンに映し出す、それが監督の仕事だと思っているのですが、だからこそ私は実際に見るものと、想像で"見る"ものの境界線があやふやになっていくんです。オクジャも、そのような"見る"過程で作られました。

――デザインをするうえで、力を注いだ部分はありますか?

点を置いたのは、大きいながらも、愛らしく従順な感じが伝わってくる存在にすることです。普通は大きいと威圧的だし、怖いですよね? でもオクジャは、心優しく、まるまるとしたかんじです。ブタとカバをベースにして作っているのですが、ほかに参考にしたのは、フロリダにいるマナティーとジュゴン。優しい顔をしていて、どこか物悲し気な、何かに耐えている顔をしている。その部分もデザインに取り入れました。

オクジャ

――個人的にはトトロとも共通点があるのかな、と思いましたが。

ジュノ:ミジャが、オクジャのお腹の上で寝ているシーンがあるので、そう思われたかもしれないですね。ですが、トトロや猫バスは、ぬいぐるみを作るのに最適な形と毛並みをしていますが、それに比べてオクジャは毛があまりありません(笑)

【次ページ】監督も認めるアンのプロ意識&スティーヴン・ユァンの"カワイイ"エピソード

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP