米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

急速に進化を遂げた突然変異はついに人間に...? 空前のサバイバルスリラー第2フェーズの幕開け『ZOO-暴走地区-』シーズン2

これまで人間と仲良く共存してきたペットや屋外の鳥や動物園の動物たちに至るまで、ありとあらゆる動物たちが集団で突然人間に襲い掛かってきたら...!?

そんな恐怖をドラマ化した『ZOO-暴走地区-』。ついに待望のシーズン2が日本上陸! 全米で400万部を売り上げたジェームズ・パターソンのベストセラー小説をドラマ化した作品で、2015年に全米放映開始と共に大ヒットを記録。この夏から本国ではすでにシーズン3の放映がスタート予定の現在ノリに乗った人気ドラマです。

20170609ZOO01.JPG

【関連記事】『ZOO-暴走地区-』動物が人間に逆襲!? 全米視聴率ナンバーワン噂のドラマ上陸!

では、前シーズンからしばらく経っているので手短に主な登場人物のおさらいをいたします! まずはアフリカでサファリのガイドだった動物エキスパートのジャクソン・オズ(ジェームズ・ウォーク)とエイブラハム・ケニアッタ(ノンソー・アノジー)。ジャクソンの亡くなったお父さんは生前に動物たちの反乱を予言していた謎の科学者で、今シーズンその謎が明らかになるのか!? というところです。そしてジャーナリストのジェイミー(クリステン・コノリー)、ジェイミーにせっつかれて嫌々ながらも妙な動物たちの行動を調査することになりグループの仕切り役となる動物病理学者ミッチ(ビリー・バーク)、そして事件の鍵を隠し持っているのかいないのか、こちらも謎の多いフランス対外治安総局の分析官クロエ(ノラ・アルネゼデール)。とりあえずこれがメインの顔ぶれとなります。

20170609ZOO02.jpg

当然のことながらドラマの主役は人間だけじゃありません。実際の動物とCGを駆使したライオンやバッファローなどの野獣、空から襲ってくる鳥や蜂など、ありとあらゆる動物アクターたちの活躍には人間の俳優たちも脱帽。全米で『ZOO』を放映しているCBS局のインタビューで、ジャクソンを演じるジェームズが、「動物アクターと一緒にやるのは辛抱が必要なんだ。彼らは自然体(笑)だから、ネイチャーに流れに逆らわずいくってことさ」と語っていましたが、なるほど!「自然に逆らうべからず」これがドラマのテーマなんですね〜! さすが主役格のジェームズ、気の利いた受け答えです。

20170609ZOO03.jpg

この番組の特撮の凄さはとにかく圧巻です。シーズン1のフィナーレを覚えていますか? 廃墟と化した街中を車で移動するミッチたちが動物園を脱走した動物の大群に行く手を阻まれてしまうシーンは、思わず渡哲也主演のTVドラマ『西部警察』の冒頭!(古っ!)...っと、よくわからない比較でしたが(笑)、迫力があってカッコいいというかゾクゾクすると言いたかったんですよ。そして次の瞬間画面に向かって襲ってくる猛獣たちには、TVから出てくるはずもないのに思わず身を隠したくなるほどのリアルさ! TVでこれだけ水準の高い特撮はスゴいです。やはりこの凶暴化した動物たちというのがこの番組のミソですから、それが少しでもフェイクに見えたら手品がネタバレしてしまった瞬間と同じで、視聴者たちが現実に引き戻されてしまいますものね。リアルな動物たち、緊張感の持続、そしてスピード感、これが本作人気の秘訣なのです。 

そして特撮の凄さもさておき、ストーリーの軸となっている水面下で大企業が行う遺伝子改ざん問題や、政府も絡む問題隠滅、そして自然を操ろうとする人間の驕りにやがて降りかかるであろう人類破滅の危機など、ひょっとすると現代の私たちがすでにたどっているかもしれない問題を扱っているのもドラマが誇る人気の要因といえます。

20170609ZOO05.jpg

待望のシーズン2では、凶暴化するのが動物に限られたものではなく、どうやら蜂などの害虫を含む昆虫や遂にはプランクトンのレベルにまで拡大しつつあるというところからスタート。(プランクトンへの汚染=根本的なエコシステムの破滅!)また、前シーズンでワクチン生成の鍵となるレパードをアメリカに連れ帰る途中で遭難し、カナダの山奥に取り残されてしまったジェイミーの生き残りをかけた死闘、そして動物以外には感染しないはずだった凶暴化が人間にも感染しはじめて・・・というのがシーズン2の焦点となります。

シーズン2で新たに加わるメンバーにも注目。『レイ・ドノヴァン』で、テレサを演じていた女優アリッサ・ディアスが本作でもタフな陸軍女兵士ダリエラを熱演。また、カナダの山奥で孤立してしまったジェイミーが人里目指して山の中を歩いている途中で出会う謎の青年ローガンを演じるイケメンのジョシュ・サラティン(『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』)は特に要注意!

20170609ZOO04.jpg

日本のドラマにはまだ見ない究極のスケールで描かれる『ZOO-暴走地区-』。番組の生き残り競争が熾烈な米国TV界でシーズン3までサバイブしている本作は見どころ満載で初夏のお薦めドラマです。

■『ZOO-暴走地区-』 シーズン2

20170609ZOO06.jpg

DVD-BOX/9,300+税 6月7日(水)より発売中
※同日レンタル開始
公式HP:http://paramount.nbcuni.co.jp/zoo/

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

(文・取材: 明美・トスト / Akemi Tosto)

Photo:『ZOO-暴走地区-』 シーズン2
TM & (c) 2017 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

明美・トスト/Akemi Tosto
明美・トスト/Akemi Tosto

ロス在住歴20ン年。子供の頃から映像ひとすじのイヌ大好き人間

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP