脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

『GOTHAM/ゴッサム<サード・シーズン>』マイケル・チクリス(ナサニエル・バーンズ役)インタビュー

権力抗争の大きなうねりが押し寄せ、危険度がかつてないほど高まる『GOTHAM/ゴッサム』サード・シーズン。野望に燃える、腐敗した超悪党(スーパー・ヴィラン)たちが登場し、同盟関係も再編成され、ゴッサム・シティでの権力をめぐる闘いは新たな局面を迎える。このシーズン、悪名高き犯罪組織"フクロウの法廷"の正体が暴かれ、インディアン・ヒルからの逃亡者が街に放たれると、ジェームズ・ゴードン(ベン・マッケンジー)は"賞金稼ぎ"となり、自ら事態を収拾しようとする。ゴードンは、インディアン・ヒルで行われている恐るべき人体実験の首謀者、ヒューゴ・ストレンジ教授(B・D・ウォン)と、その実験対象の一人、フィッシュ・ムーニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)を捜し出すという使命を自身に課すのだった。

ゴッサム・シティがカオスの深みへと沈んでいく中、ストーリーはDCコミックスの最も邪悪な悪党たちを追いながら展開する。それは、ペンギン(ロビン・ロード・テイラー)、エドワード・ニグマ/のちのリドラー(コリー・マイケル・スミス)、セリーナ・カイル/のちのキャットウーマン(キャムレン・ビコンドヴァ)、バーバラ・キーン(エリン・リチャーズ)、タビサ・ギャラバン(ジェシカ・ルーカス)、そしてブッチ・ギルジーン(ドリュー・パウエル)の面々だ。

ファン待望のサード・シーズン放送に先駆け、キャスト&スタッフ総勢14人のインタビューを集中連載。12回目に登場するのは、ナサニエル・バーンズ役のマイケル・チクリス。出演を決めた経緯やもうすぐ起きる"何か"について語ってもらった。

20170109_gotham_01.jpg
【関連特集】アメコミ年表や相関図、豪華インタビューも! 今やテレビ、映画にも欠かせない一大ジャンル「アメリカン・コミックスの世界」

――もともとナサニエル・バーンズ警部は物事に動じない人物でしたが、セカンド・シーズンの終盤で少し動揺したことがありました。彼はゴッサム・シティの影響で壊れていくのでしょうか?

今後バーンズには面白い展開が待ち受けているよ。身の上に災難が降りかかり、冷酷な人間へと変えてしまう。実はそうなるからこそ、この役を引き受けることにした。もしバーンズの人格がそれまでと変わらないのであれば、僕はこの役に興味を持たなかった。だけど、事前に制作陣とキャラクターの今後の展開を話し合ったから、"そうか。それならやってみよう"という気持ちになったんだ。

――そんな思わぬ展開について知ったのはいつ頃ですか?

セカンド・シーズンの時だ。僕が番組に出演することが決まってからだよ。

――事前に知っていたことはプラスに働きましたか?

役作りをする上で、話の展開を知っていたことはプラスに働いたと思う。もちろん事細かに展開を聞いていたわけではない。だって、製作陣もまだどうなるか分かっていなかったからね。でも大まかな展開は分かっていたよ。どちらにせよ、その展開になる経緯が面白い。僕は特定のタイプの男を演じるのが分かっていた。だけど演じるキャラクターが変化していくことを知っていたから、その人物が一本調子になり過ぎたり退屈になったりするかも、と心配する必要はなかったんだ。

――面白そうですね。

TVドラマの素晴らしいことはそこなんだよ。2時間に凝縮された映画とは違って、何十時間もかけてそのキャラクターを掘り下げていくことができる。これから面白い展開になっていく予定だ。バーンズはある変貌を遂げる。きっと視聴者はその変貌を大いに気に入ると思うし、応援してくれると思う。僕個人としては"よし、これは熱心に取り組んでいけるな"と思ったよ。

――サード・シーズンのゴッサム・シティで、バーンズは今まで以上に大きな役割を果たすのでしょうか?

僕は今、非常に楽しんで撮影をしているんだ。たくさんの人が出演しているから、僕もプライベートを充実させることができて嬉しいね。今までは(進行予定表での名前が)一番先に来ていて(訳注:主役だったという意味)、セットで過ごす時間が多かったからプライベートなんてなかった。今はニューヨークにいて、好きな番組も見られるし、コンサートに出掛けたりセントラル・パークに行ったりと、人生を謳歌しているよ。まあでも、バーンズの身には何かが起きるね。

20170109_gotham_02.jpg
【関連記事】『GOTHAM/ゴッサム<サード・シーズン>』ジェシカ・ルーカス(タビサ・ギャラバン役)インタビュー

――サード・シーズンのバーンズと(ベン・マッケンジーが演じる)ジェームズ・ゴードンの関係を説明するなら?

サード・シーズンの初め、バーンズはひどい傷を負った状態だ。ゴッサム市警へ戻ってくるけどかつての威信は失われ、消耗しきって満身創痍なんだ。彼には息子のように接している少年がいるんだけど、その少年が悪い道に逸れないように守ってあげたいと思っている。なぜならゴードンは火をもって火と戦おうとしているからだ。バーンズはそんなゴードンを止めようとするけど、うまくいかない。ちょっと面白い皮肉なんだけど、バーンズは、自分が熱中するあまり自分を限界まで追い込んでしまう。するととんでもないことが起きてしまう。

――二人の関係はどう変わるのでしょう?

ベン演じるキャラクターと僕演じるキャラクターの間にもとからある緊迫感を説明するなら、ベンはヴィック・マッキー(『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』シリーズでチクリスが演じる役)がいるような世界へ引きずり込まれ、暗黒面へ落ちていく。僕は頑張って彼を引き上げようとするけど、ベンはどんどん引きずり込まれていくんだ。そこで僕は大きなケガを負ってしまう。それでもゴードンの状況を見ていて、どうにか彼を止めようと奮闘する。これによりバーンズとゴードン、および他の人との関係が180度変わってしまう。だから僕は俳優としてこう思っていた。"分かった。そうするよ。それは面白そうだ"とね。今まで土台を積み上げてきたから、それが報われる時が来てワクワクしている。いろんな人に"今、『GOTHAM/ゴッサム』では何が起こっているんだ? 何かが起こりそうなのは分かっているぞ"と言われてきた。うん、その"何か"はもうすぐ起きるよ!

――それはバーンズとゴードンにどのような影響を与えるのでしょう?

二人の関係を大きく揺るがすような出来事なんだ。僕たちの世界、すなわち現実世界で言うと、世間はどんどんクレイジーになってきている。面白いよね、毎日携帯を見るだけで"何だって?"と言いたくなるから。僕はいつも言っているんだけど、コミックやグラフィックノベルは幅広く、人類についてのリアルなテーマを議題にしている。自分の中、そして世界にもともとある善悪についての苦悩とかね。だから人々は興味を引かれるんだと思う。1時間ほど世間から逃れて楽しむという意味では、現実逃避とも言える。しかし同時に、人間の邪悪な面を誘発し、人間のヒーロー的な面が邪悪な面を潰してほしいと望むんだ。そういう要素が磁石として機能し、僕らは番組に引かれていくんだよ。

――あと何話でそのクレイジーな展開が描かれるのでしょう?

そういう展開が描かれるのは第4話からだよ。

――バーンズの改造人間たちへの第一印象は?

バーンズは法と秩序の男だ。だから恐怖でおののいているよ。少しおかしくなりそうなくらい。彼は非常に押しつけがましくて、頑固で、意見を曲げない。そして何かが壊れるんだ。

――これまでも熱心なファンがいるドラマに出演されたことがありますよね。『GOTHAM/ゴッサム』はそういう他の番組とどんなところが違うのでしょう?

正直なところ、コンセプトだと思う。初めに番組のコンセプトを聞いた時、"賢いアイデアだな。いいね"と思った。すでに出来上がっているシリーズの準主役を主役に据えて、彼の20年前を描くだなんて。コンセプトの面から見ると、素晴らしい案だと思った。そのおかげでいろんなキャラクターが生まれていくところを見ることができるし、新たなキャラクターを導入していく余地も与えてくれた。最高だよ。

【関連記事】『GOTHAM/ゴッサム』リレーインタビュー(全14回)、13人目のジョン・スティーブンス(製作総指揮者)はこちら!

20170109_gotham_key art3.jpg

■放送情報
『GOTHAM / ゴッサム』シーズン3
海外ドラマ専門チャンネルAXNで、2017年3月11日(土)より日本独占初放送予定

20170109_gotham_key art2.jpg

■商品情報
・『GOTHAM/ゴッサム <セカンド・シーズン>』
 ブルーレイコンプリート・ボックス...16,200円+税
 DVDコンプリート・ボックス...14,300円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

20170109_gotham_key art1.jpg

■商品情報
・『GOTHAM/ゴッサム <ファースト・シーズン>』
 ブルーレイコンプリート・ボックス...16,200円+税
 DVDセット1、2...各4,980円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

Photo:
(C) Capital Pictures/amanaimages
『GOTHAM / ゴッサム』シーズン3 GOTHAM and all pre-existing characters and elements TM and © DC Comics. Gotham series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『GOTHAM/ゴッサム <セカンド・シーズン>』 GOTHAM ™ & © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. GOTHAM and all related elements are trademarks of DC Comics.
『GOTHAM/ゴッサム <ファースト・シーズン>』 © 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP