『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェが語る・・・「ポワロという役は、まさに神からの贈り物」

ギネスブックが「史上最高のベストセラー作家」と認定したというアガサ・クリスティー原作の人気シリーズ『名探偵ポワロ』。その主人公エルキュール・ポワロを25年もの長きに渡って演じ続け、原作に最も忠実だと世界中で評されているデヴィッド・スーシェ。ポワロを演じる際の苦労話やポワロへの思いなどを語っていただきました。

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

【関連記事】読書で海外ドラマ...ノベライズと原作、そのふかーい世界。

――ポワロ役をオファーされた時は?
原作の長編小説を参考にした。30冊ほどあり、何冊か読み始めたんだ。自分でも驚いた。未見のキャラクターについて、私は突然 読みふけたんだからね。昔から様々な俳優によりポワロが演じられてきたが、当時 私は誰かが演じたポワロを観てなかったんだ。胸が躍ったよ。"ぜひ演じたい"と返事した。楽ではないと知りつつね。

――ポワロに"なる"方法を教えてください
本から学んだ情報を膨大な資料にまとめた。ポワロの人物像の描写はすべて書き留め、ポワロに関するファイルを完成させた。私はそうやって役作りした。
私は典型的な性格俳優だ。個性派ではない。私は役に没頭し、全神経を集中させることで、別人になることが可能だ。演じる役を脚色して、自分と同化する俳優ではない。私がやっても失敗するからね。私は自分の個性を殺してその役になりきるんだよ。
私は原作の彼の台詞とその読点の位置、彼の使う英語を研究して、ポワロの話し方を学んだ。フランス人と間違われるような訛りも身に着けたよ。フランス人と思われてしまっては意味がないんだ。彼は、フランス語を話すベルギー人だからね。
彼の歩き方については、こんな描写があった。"ポワロは小刻みな足取りで芝生を横切った""足元にはいかにも窮屈なエナメル革の靴"。「これだ!」と思って、歩き方の練習を重ねて、彼の特徴を覚えた。
あとは、コーヒーや紅茶に入れる角砂糖の数、トーストの食べ方や食事のとり方。住居や習慣など、ポワロというキャラクターに肉付けしていき、立体的な人間像を完成させていったんだ。

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

――ポワロとの共通点はありますか?
顔立ちは、幸いなことに、かけ離れてないと思う。私の頭は卵形で、ほとんど左右対称だ。ポワロの頭は、卵形と描写されてるし、悪くない。彼は髪の毛を黒く染めていたから、私もドラマのために黒く染めてた。だが、ポワロなら、"染めてる"と言わず、"自然な色を取り戻す"と言うだろう。
要はポワロの人生観が、にじみ出る人間になることだ。それが私にとっての課題だった。私の世界観ではなく、彼の世界観をどこまで描ききれるか。もちろん類似点と相違点があるが、私は相違点に集中したよ。

――ポワロへの変身方法は?
彼が自慢にしてるのは、小さな丸みを帯びた腹だ。たるんでもなく、ただそういう形なんだ。ポワロは、小柄な筋肉質の男だ。私も小柄で筋肉質だが体形が合わない。あとは、ポワロは"頭を一方にかしげる"と原作にある。まるで"黒い鳥"のようだと。
そこで、今では周知の事実だが、私は服の下に"脂肪スーツ"を着た。別名"アルマジロ・パッド"だ。私が座ると収縮し、立つと再び膨らむんだ。重要なのは形だ。おなかが出るようにして、肩にも少し丸みを付ける。頭が前に出るようにね。あとは背中にも。
口ひげはシリーズを追うごとに変化を遂げていった。だが幸いなことに原作でも口ヒゲの描写は変わってる。変えたと指摘されたら素直に認めるよ。とても精巧に作られてる。
この8年間に使用した付けひげは、私が最も満足してるよ。ひとつ残らずね。

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

――『名探偵ポワロ』の成功についてどうお考えですか?
当初は、短編10話の契約だった。私は、次回作が製作されるか知らぬまま出演していた。数ヵ月前はシリーズが終了するか知りもしなかったよ。このドラマの成功のおかげで、私のキャリアは急激に開花した。舞台もテレビも映画も、注目度の高い数々の作品に誘われた。ポワロがあってこそだ。予想してたことか?"ノー"だ。夢見ることさえなかったよ。

――ポワロは友人でしょうか?
彼を知り尽くしてると自負してるよ。私なら一日中 街中にいて、ポワロの視点で世界を見ることができるし、彼が何をするかはっきり分かる。何時にいつどこに彼がいようとね。彼は腹心の友だ。

――ポワロが人気の理由は何でしょう?
ポワロは愛すべき人だ。登場当初から大衆に愛されてた。私の力ではない、彼のだ。私は彼の人生の一部を際立たせたが、その部分を掘り下げた脚本があったおかげだ。
例えば彼の孤独や結婚への憧れ。結婚は無理だろうがね。ひげが乱れてしまう(笑)。彼にもできないことはあった。優しいから愛されたのだと思う。彼は、不公平を嫌い、正義のために戦う。誰とでも喜んで話すが、好みがはっきりしてる。上流階級の者より使用人と話す方がくつろげるようにね。癖が強く奇抜だ。それで疎まれることもある。だがそんな欠点も、美点が相殺する。ポワロが愛される理由について、私の義理の息子はこう言う。彼にとって"ポワロは偉大なモラルの羅針盤"だとね。

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

――ポワロのミステリアスなところは?
ポワロは当時、イギリスにいた外国人だった。フランス人でなくベルギー人だ。当時、有名なベルギー人は多くない。つまり、彼はあまり知られてない謎めいた存在なんだ。

――ポワロの推理法について教えてください
常に事実を模索するのがポワロのやり方だ。何よりも事実、そして証拠と手がかり。どんなディテールも見逃さない。"細かいこと"が重要だという彼は心理分析に長ける。彼は人と会話してる時、話を聞きながら、その言葉の意味を探っている。ポワロの探偵術は、とても冷静だ。徹底的で秩序を保ち、完全な方式に基づく。彼は腰を下ろして目をつむり、何時間も瞑想する。"急にひらめく"までね。そして解決だ。

――役作りの方法はどうなさっていますか?
脚本家がどうポワロを描くかによる。私は、脚本家やクリエイターに仕える俳優だ。原作者のアガサ・クリスティーに仕え、ポワロを描く脚本家に仕える。私は脚本を読み、描写されるポワロの一面が彼の姿ではないと思えば意見もして修正を加えてもらう。私はポワロの擁護者であり、守護者だからね。ポワロを逸脱する路線の脚本が上がってくれば断固拒否したよ。
もちろん、ポワロについて広げたい領域もある。例えば、彼が抱く孤独感だ。原作の中のポワロは、完全に自己完結型人間だ。私は彼を演じる上で、その理由を知っている必要がある。彼が自己完結的で、家でも秩序を保つ理由。強迫性障害だと指摘する人もいるが、そんな彼の性分が彼を支配している。自分の世界に浸っていれば、さらに気の滅入ることを考えずに済むしね。
彼は一人暮らしだが、"神からの最高の贈り物は夫婦の愛"と常々語ってる。"自分も結婚してたら"と。私はポワロが若いカップルを見るような状況にあると、彼の顔に切ない表情を浮かべたりしたよ。

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

――印象的な思い出はありますか?
25年の中から簡単に思い出を挙げることはできない。だが、特に思い出すストーリーはある。やりがいや難しさがあり、興味深いストーリーや、いい意味で難しかったストーリーだ。「オリエント急行の殺人」S・ハーコートの脚本には、魅了された。エジプトでの「ナイルに死す」とてつもなく思い出深い。目をつむると、すぐに浮かぶすばらしいエピソードだ。格別だね。「青列車の秘密」もそうだ。ひとたび考え始めると次々と思い浮かぶ。「アクロイド殺人事件」もしかりだ。

――A・クリスティー生前の家について教えてください
「死者のあやまち」は、この場所をモデルにし、この場所で執筆された作品だ。この作品で70作すべての原作が映像化されたんだ。つまり私が撮影本番で、この庭を歩けばA・クリスティーが描いたポワロが庭を歩く姿になる。彼女の思いを、忠実に再現したんだよ。

※注釈アガサ・クリスティーに敬意を表し、最後の撮影は彼女の家グリーンウェイで行いました。ポワロの25年を明るく終わりたいと、最後のエピソードである「カーテン~最後の事件」ではなく、「死者のあやまち」で撮影を終えました。

――"完璧なポワロ"との評判についてはどうお考えですか?
そう感じてくれる方には、ひと言。ありがとう。

――ポワロを演じる喜びについて教えてください
私は役者として、ポワロを演じ続けてきた。25年の歳月が流れ、最後の時を迎えて急に気が付いてしまったんだ、ポワロという人物の爆発的な人気にね。ドラマは世界中で放送されてる。予想外だったのでありがたいばかりだ。役者冥利に尽きる。この役を与えてもらい、そして25年間の長きに亘って演じさせてもらって、感謝の気持ちでいっぱいだよ。この上ない贈り物を授かった。まさに神からの贈り物だ

『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ

『探偵ポワロ』ファイナル・シーズン(全5話)は、AXNミステリーにて4月25日(土)14:00より放送。さいごのポワロを、お見逃しなく。

Photo:『名探偵ポワロ』デヴィッド・スーシェ
(c)ITV PLC/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP