『ノーマル・ハート』『アメリカン・ホラー・ストーリー』 『glee/グリー』を支えた技術。エミー賞受賞者二人にインタビュー!!〈後編〉

今回は「『ノーマル・ハート』『アメリカン・ホラー・ストーリー』 『glee/グリー』を支えた技術!エミー賞受賞者二人にインタビュー!!〈後編〉」をご覧頂きます。前編はこちらからどうぞ↓
【関連記事】『ノーマル・ハート』『アメリカン・ホラー・ストーリー』 『glee/グリー』を支えた技術。エミー賞受賞者二人にインタビュー!!〈前編〉

――『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズでの難しかった部分をおしえてください。

エリン:一番厳しい時期は、3エピソード分を同時に撮った頃。相当な長さの仕事時間だったから。何度かは土曜日も働いたわ(※ 基本の労働条件として、ハリウッドは週休二日体制)。各エピソードのシーン内容を撮影の順序によって行ったり来たりしたから、それらが一貫性のあるビジュアルとしてつながっているかが、とても大きなチャレンジだったの。

アメリカン・ホラー・ストーリー1

マイク:この作品の現場で、もっとも辛い部分はやはり長時間課される労働ですよね。でも、エリンとその時間を共にできるということは、ひとつのボーナスだとも言えます。仕事そのものが、報酬だとも言えますね。一つのエピソードから、次のエピソードへ、興奮だけでなく、能力やスキルが一段高いところへ到達することもあるわけですから。

アメリカン・ホラー・ストーリー2

――タフなメイクの間の、女優たち(ジェシカ・ラング、キャシー・ベイツ、サラ・ポールソンら)や俳優たちの協力の姿勢はどんな感じだったのですか?

エリン:俳優たちは、非常に協力的だった。皆、チャレンジングなことが好きで、すべての狂気的なアイデアも、実現させてくれたわ。

アメリカン・ホラー・ストーリー3

マイク:俳優陣たちからは、プロらしい、これ以上ない協力を得ていますね。時には、特殊メイクを施すことで、視界が制限されたり、音が聴き難かったり、うまく話せないような、状況になることもあるわけです。でも、毎朝、笑顔を見せて戻ってきてくれるんですから。さあ、またやりましょう、って。

サラ・ポールソン

――ライアン・マーフィーはどんな人柄でしょう?

エリン:ライアンは、もう11年も私のボスの立場にいるんだけど、彼は天才というだけでなく、メイクアップ技術のすべての要素において造詣が深いの。彼のプロジェクトに雇われるていうことは光栄。彼を幸せにすることで、私は喜びを得ているの。毎回の作品で、よりハードに仕事させられるけど、彼のビジョンはとてもハッキリしているから、そのビジョンを現実のものにしたい、って思うわ。

マイク:彼についてはもう語り尽くされているはずだけど、特別なタイプのリーダーであり、監督ですよ。何を望んでいるのか明確に解っていて、それを視覚的に描く術を知っている。特に素晴らしいのは、彼は、メイクアップの効果をいろいろ試すことのファンであるということ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』の現場では、ライアンは常に僕らをもっと大胆に、もっとより良い結果を出させるために背中を押してくれるんです。ライアン・マーフィーの作品の一部を担うということは、誇りですよ。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

尾崎英二郎
尾崎英二郎

リアリズムを追求する米国の演技手法を日本で学び、NHK『あぐり』でTVデビュー。

99年のNYオフ・ブロードウェイ公演『ザ・ウインズ・オブ・ゴッド』で現地メディア批評家に演技を称賛され、その後アメリカの映画/TV業界を目指す。03年、侍のアクションメンバーとして出演した『ラストサムライ』をきっかけに人脈を広げた。

06年に主要キャストとして日本から抜擢された『硫黄島からの手紙』でハリウッドへの扉をこじ開け、ついに念願の本格渡米を実現。

米TVシリーズ『TOUCH/タッチ』『フラッシュフォワード』『HEROES/ヒーローズ』など、自らの出演体験をもとに、ハリウッドのシステムの凄みを伝える。

尾崎英二郎 公認ファンサイトはこちら

ただいま、メールマガジン好評配信中!

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP