『ノーマル・ハート』『アメリカン・ホラー・ストーリー』 『glee/グリー』を支えた技術。エミー賞受賞者二人にインタビュー!!〈前編〉

この夏、ご縁で出席させて頂いたプライムタイム・エミー賞授賞式。その授賞式でも話題となり、事前に米国の業界の知人たちから「凄くいいから見て!」と勧められていたドラマがある。

それが『ノーマル・ハート』(11月29日にスターチャンネルでついに日本初放送!)。第66回エミー賞のテレビ・ムービー部門の作品賞に見事輝いた、出色の一作だ。

【関連記事】マット・ボマー、テイラー・キッチュ、マーク・ラファロが迫真の演技で迫る!1980年代のHIV/エイズ問題を描いた『The Normal Heart』

80年代初頭、まだHIV感染症/エイズが未知の病で、その存在すら誰にもまだ知られていなかった時代、「ホモセクシャルの間だけで発病するらしい」と誤解され、そこから深まる差別や迫害を受けた同性愛者たちが立ち上がり、政府や社会全体に対して支援を求めていく、偏見・葛藤・病魔との切実な闘いの日々を情感溢れるタッチで描く、本年度最も話題となったドラマの一つである。

ノーマル・ハート

この作品は、脚本家ラリー・クレイマー氏の自叙伝をもとにブロードウェイで舞台化され、それを今回、ドラマ製作では今や追随を許さないHBOが映像化し、世に送り出したテレビ・ムービーだ。エミー賞授賞式では、そのクレイマー氏本人がステージ上に上がり、会場ではスタンディング・オベーションが起こるなど、心を揺さぶる瞬間を生み出した。

このドラマは配役も一級の豪華さで、マーク・ラファロ(『アベンジャーズ』 )、マット・ボマー(『ホワイトカラー』)、テイラー・キッチュ(『バトルシップ』)、ジム・パーソンズ(『ビッグバン☆セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』)、そしてジュリア・ロバーツ(『八月の家族たち』)ら、全員の熱演が感動を呼んだ。
普段は、コメディの才能を発揮するジム・パーソンズは真面目で、かけがえのない友情を人一倍大切にする人物として演技の幅を見せ、テレビ映画部門の助演男優賞にノミネートされた。そして、マーク・ラファロ演ずる主人公のフリー・ライターのネッドが愛するパートナー、フェリックスを演じたマット・ボマーは、涙なしでは見られないほどの迫真の役作りで難役を演じきり、見る者の胸を締めつけ、やはり同助演男優部門でノミネートを受けている。
「マットのエミー賞受賞間違いなし!!!」と、まったく僕は疑わなかったくらいの魂を捧げた演技で、(結果は惜しくも賞を逃したものの)彼は忘れられないほどの感動のモーメントをこの作品に刻んでいる。

実は、(コアなファンの皆さんはもうご存知だと思うが)この珠玉の涙のドラマを創り上げたトップクリエーターは、身の凍る恐怖にセンセーショナルなエロティシズムを織り交ぜて描いて話題を呼んでいる『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズと、恋・悩み・歌を通して自分を表現する歓喜を描く青春群像劇『Glee』を手がけている、あのライアン・マーフィー、その人である。

ライアン・マーフィー

彼の作家性の振り幅の大胆さ、洗練された映像センスには海外ドラマファンも驚かされるばかりだが、弱者や異端とされる者たちへの、鋭敏で、繊細な温かさも持つ独自の目線はすべての作品に共通するものがある。

そして彼の上記の作品群を、ビジュアル面で支え続けているアーティストたちがいる。クリエイティヴ・アーツ・エミー賞(技術スタッフ関係者が対象)で、本年度のテレビ・ムービーのメイクアップ部門に『ノーマル・ハート』で、そしてドラマシリーズ部門の特殊メイク部門に『アメリカン・ホラー・ストーリー/魔女団』で同時ノミネートを受け、見事に『ノーマル・ハート』で受賞を果たしたエリン・クルーガー・メカシュさんと、マイク・メカシュさんお二人にお話をドラマ撮影時の秘話などを伺うことができた。なんと、このお二人は名前を見て判る通り、ご夫妻であり、両方の部門で二人が揃ってダブル・ノミネートを受けるという快挙を果たしている。

ノーマル・ハート

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

尾崎英二郎
尾崎英二郎

リアリズムを追求する米国の演技手法を日本で学び、NHK『あぐり』でTVデビュー。

99年のNYオフ・ブロードウェイ公演『ザ・ウインズ・オブ・ゴッド』で現地メディア批評家に演技を称賛され、その後アメリカの映画/TV業界を目指す。03年、侍のアクションメンバーとして出演した『ラストサムライ』をきっかけに人脈を広げた。

06年に主要キャストとして日本から抜擢された『硫黄島からの手紙』でハリウッドへの扉をこじ開け、ついに念願の本格渡米を実現。

米TVシリーズ『TOUCH/タッチ』『フラッシュフォワード』『HEROES/ヒーローズ』など、自らの出演体験をもとに、ハリウッドのシステムの凄みを伝える。

尾崎英二郎 公認ファンサイトはこちら

ただいま、メールマガジン好評配信中!

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP