海外TVドラマ『アメリカン・ゴシック 偽りの一族』公式サイト。2017年10月4日(水)DVDリリース&レンタル同時開始。作品情報、DVD発売情報など。予想を覆し続けるジェットコースター・サスペンス!あなたの予測は一話ごとに裏切られる― 犯人は、誰だ。

俳優たちと作品の命運を握る、重要なポジション。キャスティング・ディレクターという「仕事」〈前編〉

海外ドラマや映画がお好きな読者の皆さんなら、
作品のオープニング・クレジットやエンディング・クレジットで、
"キャスティング"という言葉を見たことがあるだろう。

作品の善し悪しは、キャスティングと台本でほぼ決まる!

などという言い方もよくされる。

おそらく、"キャスティング"という言葉の意味合いは、「配役」という訳で理解され、《キャスティング・ディレクター》という仕事が本来は何を意味するのか?その内容を深く知る機会はあまり無いだろう。

そこで今回は、
このキャスティング・ディレクター(※以下、CDと呼ぶ)について俳優の目線でわかる限りをご紹介したい。


今、米国では『Casting By』という秀作ドキュメンタリーが上映中だ。
もともとはHBOでプレミア放送されたこのフィルムが、現在、都市部で単館上映されている。

この映画は、2011年に他界した、米国の映像業界のCDのパイオニア的存在であるマリオン・ドーティーの功績を丹念に綴った作品。
彼女は60年代前半にキャスティングのエグゼクティヴとして手がけたテレビドラマ『Naked City』『Route 66』で多くの有望な若手俳優にチャンスを与え、60年代後半の映画『真夜中のカーボーイ』『アルカトラズからの脱出』80年代~90年代まで『リーサル・ウエポン』シリーズや『フルメタル・ジャケット』そして『バットマン』シリーズ(ティム・バートン監督版)
など映画史に残る作品のキャスティングを担当してきた貴重な人材だ。

20131214_c01.jpg彼女がキャスティングした俳優たちは、
ジェームズ・ディーンクリント・イーストウッドロバート・デュバルアル・パチーノダスティン・ホフマン、クリストファー・ウォーケン、ジョン・ヴォイト、ベット・ミドラー、ダイアン・レイン、ダニー・グローバーなど、名前を挙げたらキリがない。

ABCのテレビドラマ『Naked City』に起用されたジョン・ヴォイト(アンジェリーナ・ジョリーの父親としても知られる)が、当時まだ駆け出しで経験も浅く、本番の緊張で舞い上がってしまった話などは、僕ら俳優なら誰でも経験することなので他人事とは思えない。

そのことをCDであったマリオンに詫びようと、手紙をしたためたエピソードは心温まる裏話だが、その彼がのちにマリオン自身の出世作でもある映画『真夜中のカーボーイ』で主演の座を勝ち取り、この作品がアカデミー賞の主演男優と助演女優を含む7部門にノミネートされ、作品賞/監督賞など3賞を受賞したという事実が語られるシーンは心に残る。

マリオンは、最後まで無名のヴォイトの抜擢にこだわり、その一念が作品にリアルさを与え、昇華したのだ。
マリオンと出会わなければ、ジョン・ヴォイトの現在までの俳優としての名声は生まれなかったと言っても過言ではない。

ところが、1969年公開(70年受賞)のこの時、時代はまだCDの職の存在を強く認識してはいなかった。
アカデミー賞作品賞に輝いた、ジョン・ヴォイトを見出したこの作品に、
キャスティング担当マリオン・ドーティーの名は、作品にクレジットさえされていないのだ。

"キャスティング・ディレクター"という地位が確立されるまでには時間がかかった。

「Director/ディレクター」という名称、そのポジションは、
"監督" だけのものである
、という業界人や各組合の主張やこだわりは今も根強いそうだ。
なので過去の作品には、「Casting By ◯◯◯◯」とクレジットされた作品も多いのだという現実が、このドキュメンタリー映画のタイトルの由来なのである。

確かに、作品に出演する俳優たちを起用する決定権は、
最終的には監督やプロデューサーたちにある。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

尾崎英二郎
尾崎英二郎

リアリズムを追求する米国の演技手法を日本で学び、NHK『あぐり』でTVデビュー。

99年のNYオフ・ブロードウェイ公演『ザ・ウインズ・オブ・ゴッド』で現地メディア批評家に演技を称賛され、その後アメリカの映画/TV業界を目指す。03年、侍のアクションメンバーとして出演した『ラストサムライ』をきっかけに人脈を広げた。

06年に主要キャストとして日本から抜擢された『硫黄島からの手紙』でハリウッドへの扉をこじ開け、ついに念願の本格渡米を実現。

米TVシリーズ『TOUCH/タッチ』『フラッシュフォワード』『HEROES/ヒーローズ』など、自らの出演体験をもとに、ハリウッドのシステムの凄みを伝える。

尾崎英二郎 公認ファンサイトはこちら

ただいま、メールマガジン好評配信中!

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP