"スーパー詐欺師"たちの座談会!? 日本語版キャスト陣が《『レバレッジ』愛》を語りつくす!

詐欺&泥棒のスペシャリストが、絶妙なチームワークと巧みな作戦で悪いヤツらに報復!騙して奪って依頼人の恨みを晴らす――。彼らのお仕置き&活躍ぶりが爽快な『レバレッジ』は、現在フジテレビでシーズン2を地上波初放送中!
今回は、日本語版キャストの横島亘さん(ネイサン役)、日野由利加さん(ソフィー役)、高橋圭一さん(エリオット役)、うえだ星子さん(パーカー役)、杉村憲司さん(ハーディソン役)の5人が、都内某スタジオに集結。作品の魅力はもちろん、各キャラへの思い入れや吹き替え収録現場のウラ話など、自由気ままに語っていただきました!
20130624_c009.jpg

(左から 日野由利加さん、杉村憲司さん、横島亘さん、うえだ星子さん、高橋圭一さん)

―― 『レバレッジ』日本初上陸からこの春で3年が経ちました。まずは、この作品についての感想などお聞かせください。

日野:最初のころ、みんなで「このドラマって《海外版・必殺仕事人》だよね」って話しましたね。
横島:うん、したした。
高橋:勧善懲悪、日本人には合うんじゃない?
横島:人も殺さないし。
うえだ:そう!
横島:それが僕の気に入ってるところですね。
杉村:エリオットが無言で相手を殺すシーンはありましたけどね・・・。
高橋:でも、全体で見るとあんまり殺さないっていう(笑)。
日野:サービスショットもないしね。
横島:残念ながら。(!?)
日野:だから青少年にもおすすめです!

―― シリーズ開始時と比べて、キャラクターの成長を感じるのはどんなところですか?

杉村:ハーディソンは最初すごい自信過剰だったんですが、途中で「自分にできないこともある」って素直に認めることができるようになって。その結果、今はハラをくくって仕事ができるようになったんじゃないですかね。チームのみんなを信頼して、相手に気を配れるようにもなった。
4人:ほお~~~(感心)

高橋:シーズン1はじめのエリオットは、紳士的でスカした感じだったです。でもだんだん「野獣」に・・・。《イケメン》キャラだったのに、すっかり《ゴリラ》(笑)。アクションも増えたし、暴れてる最中の声も、前は「ハッ!」「ホッ!」って感じだったのが、今は「どぅぉりゃ~~~!!」みたいな? (笑) とにかく《野獣キャラ》が濃くなって楽しいです。
杉村:昔は子どもにも優しかったよね、エリオット。
高橋:いや、今も優しいって!

日野:ソフィーはペテン師だし「女優」ってこともあって、個人的な感情はあまり見せることがなかったんですけど、ネイサンとの関係に変化が出てきてからは、彼女(ソフィー)自身の感情が出てくるようになりました。チームの中でも少しずつ自分を出せるようになったというか。以前ほど「役を演じている」感覚はなくなったかな。私自身とソフィーがだんだん一体化してきたような。

うえだ:パーカーはもともとエキセントリックな性格。でも、チームでは「人と関わること」を学んできましたね。恋愛も経験したし。人間として成長しました。「フツーの人間じゃない」ところがパーカーの魅力だし、そういうところがチーム内におけるポジションでもあるんだってわかって(笑)。今では、演じてて迷いがなくなりました。
横島:パーカーがらみのエピソードは感動的なのが多いよね。
うえだ:ちょっと泣かせる話なんですよね。

20130624_c002.jpg横島:僕自身、レギュラーものの主役は初めてで、最初はあんまり周りが見えてなかった。ネイサンも、息子を失ったりリストラされたりで世の中から孤立してるという設定。そんな彼が「個性的なメンバーと出会ってチームを結成する」ってところが、なんか自分と通じるような状況にあって・・・。今じゃすっかり柔らかくなって、「みんなの休憩時間用のおやつに何を買っていこうか」で頭がいっぱい(笑)。
杉村:すみません、そんなことまで(笑)。
横島:心の余裕ができて、ゲストの方と写真も撮るようになったりして。
高橋:他の現場じゃめったにないですよ。でも横島さんが率先してやってくれる。

―― ご自身と演じるキャラクターとの共通点はありますか?

20130624_c003.jpg日野:(横島さんとネイサンだけじゃなく)みんな、キャラと似てるよね。(パーカー役のうえださんは)「不思議ちゃん」だし。
うえだ:"変人"のパーカーに置いて行かれないように、役に性格を寄せてってるだけです。
4人:・・・・・・違うと思うよ?

高橋:杉村くんとハーディソンは、繊細なところが似てる。
杉村:そうですか? ありがとうございます。
高橋:ざっくりしてるところはざっくりしてるけど。
杉村:お兄ちゃん(高橋さん)とエリオットは「音楽好き」が共通点! もともとミュージシャンだしね。
日野:歌ったもんね。吹き替えで。
高橋:(エリオット役の)クリスチャン・ケインが歌うシーンも、僕が完全に歌い切りました!
横島:・・・声優って大変だねぇ。
4人:(笑)
20130624_c008.jpg

高橋:由利加さんとソフィーは「天然」。ポヤ~ッとしてるのにキリッとしてて。あと、色っぽい!
日野:他の現場では努めてちゃんとしてるけど、このチームでは天然さらけ出してます(笑)。
うえだ:ネイサンと横島さんの共通点は「ガム」。今も噛んでますけど。
横島:ネイサンがガム食べてるシーン多いんですよ。視聴者のみなさんも楽しみにしてると思うんですが、
日野:そうかなぁ!?
横島:最初は、ネイサンが別人になりきる時の役作りなのかと思ってたんだけど、毎回噛んでるからもはや不明。でも、ネイサン同様「役のスイッチ」のON/OFFに役立つかなと思って噛んでます。
高橋:そこ! そういう役作りのマジメさが似てるかも。
杉村:横島さんは台本の書き込みもすごいですし。もともと印刷してある文字より書き込みのほうが多い(笑)。マジメです。

―― チーム全体ではいかがですか?

20130624_c005.jpg高橋:全員が集まった時の「仲の良さ」と「賑やかさ」は似てますね。アフレコの収録終わりは必ず飲みに行くし。
横島:遅くに終わっても行く(笑)。時間ないのに、このチームは「1時間でもいいから」って(笑)。最初の頃は蕎麦屋だったよね。
日野:2年目からは、スタジオ近くの中華料理屋で「餃子」と「麻婆豆腐」! ときどき「今日は違うメニュー頼もうよ」っていうんだけど、結局また「餃子」と「麻婆」(笑)。
横島:しかも、なぜか必ず同じ店。店替えないとこもすごい。
杉村:レギュラー会員だったのがゴールド会員になりましたから(笑)。
日野:割引率いいんだよね~。
うえだ:『レバレッジ』のチームみたいにいっつも同じ店。
日野:ドラマの冒頭でネイサンが依頼受けて、作戦終終わってみんなが集まるパブね。
横島:収録中、あそこで飲んでるシーンが出てくると、もうこっちも飲みたくなっちゃう!

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

平口雅世
平口雅世

テレビ・ラジオといったメディアをはじめ、インターネットサイトや紙媒体でも活動する“海ドラマニア”放送作家。自らが得意とする海外テレビシリーズ・映画のほか、旅行・スポーツ・美容・健康・報道系・・・と、幅広いジャンルの番組&コンテンツを担当・執筆。

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

PAGE UP