脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

【リアルSMASH】ブロードウェイで戦う日本人女優から観た『SMASH/スマッシュ』とは!?<Sumie Maedaさん編>

「特集 どうしてもつかみたい夢がそこにある ドラマ『SMASH/スマッシュ』に迫る!」の関連企画として、今回実際にニューヨーク・ブロードウェイで活躍する日本人に突撃インタビューしてきました! 

まずは、ニューヨークを拠点に活動している女優・ダンサーのSumie Maedaさん。『Hot Feet』というダンスミュージカルでブロードウェイデビューを果たし、トニー賞を多数受賞したブロードウェイ・ミュージカル『South Pacific(南太平洋)』のナショナルツアーに出演した経験を持つ彼女に、ミュージカルの舞台裏や『スマッシュ』の感想などをうかがいました。

20130401_c01.jpg
----この世界に入ったきっかけは何でしょうか?

母と伯母がバトン・トワリングのスタジオをやっていて、2歳からバトンを始めました。バトンのためにバレエやタップダンスを小さい頃から習い、そして高校生の時にヒップホップのダンスを始め、大学でも引き続きダンスに夢中でした。大学卒業後は就職せずに、ダンス留学のためニューヨークに移住しました。ワーキングビザをとるのにもがいていたところ、あるアフリカン・アメリカンのダンスカンパニーのオーディションに受かり、ビザのスポンサーになってくれました。そこはモダンダンス中心で、モダンダンスをプロとしてやったのは初めてだったのでいろいろなテクニックを学べました。その後、少しでもパフォーマンスの機会を得ようと、ダンスだけではなく芝居や歌にも手を広げるようになりました。

----それでミュージカルのオーディションを受けるようになったのですね?

20130401_c08.jpg最初のうちは、何も考えずにオーディションを受けまくっていましたね。もうがむしゃらでした(笑)。印象に残っているのは、2001年の9/11の翌日に『Lion King』のオーディションがあって、一次審査はダンスで始まり、コールバックがあって4段階進み、最後の歌まで残ったんです。そのときは自分の持ち歌がなく、「ハッピーバースディ」を歌わされたのを覚えていますが、役を得ることはできませんでした。それもそのはずで、規則を重んじる大手企業のディズニーがワーキングビザのない外国人の私を雇うわけがないからです。今思うと、何も知らなかった自分がおかしいです。

また、ディズニーが映画『Tarzan』のミュージカル版を作ろうとしていて、まだプリプロダクションの段階でオーディションがありました。ダンスの振付けもまだ決まっていない状態のところ、いきなり即興でサルになれと言われてびっくり。サルのしぐさを思い出しながら、「ウォッホ、ウォッホ」とやりました(笑)。何が気に入られたのかわからないけど、友達と一緒に一次を通りました。次回呼ばれたときには、空飛ぶサルになれと。ステージ上でハーネスをつけて、空中移動するサルになりました。もうオープンしている舞台なら決してそんなことはないのですが、まだオープン前なので舞台装置がちゃんとしてなくてアザだらけになったのを覚えています。今でも友達と思い出しては大笑いする面白い経験でした。

----オーディションはどのような手順で行われるのですか?

1次審査では審査員が二人くらいしかいませんが、2次、3次と進んで行く間に審査員が増えていって、最終的にディレクターやプロデューサーなどの偉い人が審査することになります。そのオーディションに受からなくても、キャスティングディレクターの目にとまれば、「今度こういうオーディションがあるんだけど来ない?」と他のオーディションに誘われることもあります。そういうところからコネクションが広がっていくので、結果的にはよかったですね。実際に多くのオーディションに行ってみて、自分に何が必要なのか学べました。

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

ほりうちあつこ
ほりうちあつこ

ニューヨーク在住のフォトグラファー/ライター。渡米してアメリカのTVドラマのクオリティの高さに驚きハマり、気がつけば10余年。アメリカのドラマは、自分にとってエンタテイメントであるのと同時に強力な英語の先生でもある。オールタイムベストは、『シックス・フィート・アンダー』。

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

『リミットレス』DVD好評発売中!28歳のダメ男がいま限界を超える!期間限定第1話を無料配信中!
PAGE UP