脳が100%覚醒した驚異の世界、道への扉が開かれる!『LIMITLESS(リミットレス)』5.17[WED]DVDリリース&レンタル開始!!

シリーズ完結「どうして終わっちゃうのよー!!!」記念、『CSI:マイアミ』アワード開催!

ファンに"激しく"惜しまれつつも、シリーズ完結が決まった『CSI:マイアミ』。WOWOWでは10月6日(土)から『CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル』の放送がスタートします。
そこで、「どうして終わっちゃうのよー!!!」というブーイング(?)を記念して、海外NAVI的「CSI:マイアミ アワード」を開催! これまで、私たちを大いに楽しませ、笑わせ(←番組の意図じゃない!?)てくれた当番組への思いを、ぜひ投票にぶつけてください!

なお、ノミネートを選出には、"和製ホレイショ"を見事なまでに完成させた石塚運昇さんをはじめとする吹き替え声優陣、そして、『CSI:マイアミ』を知り尽くした番組プロデューサーの本吉伊都子さん、ミキサーの黒崎裕樹さん、翻訳の荒木小織さんら、そうそうたるメンバーが協力してくださっています。

☆ご協力いただいた皆様(以降、敬称略)
石塚運昇、宮島依里、阪口周平、浪川大輔、乃村健次、藤貴子、辻親八、
本吉伊都子、黒崎裕樹、荒木小織、やなぎだるみ

では、さっそく投票しちゃってください!
※締切は9月30日(日)です

======

選ぶのに困っちゃう!!!
【ベストエピソード部門】

・ひざまずくホレイショをとらえた空撮が強烈!「リオの決闘」(シーズン5第1話)
・ホレイショの名ゼリフ「燃えろ、全部燃えちまえ」が印象的「危機一髪」(シーズン5第6話)
・VFXで若き日のホレイショがよみがえる!「バック・トゥ・ザ・マイアミ1997」(シーズン8第1話)
・ジェシーの死が辛い......「別れのフリースロー」(シーズン9第1話)
・スタイリッシュな映像とひねりのある展開が秀逸「マジック・フィッシュ」(シーズン9第5話)


<私はこれを選びました>
「リオの決闘」

◆ミキサー 黒崎裕樹
オープニングの空撮サイコー! ホレイショのひざまずく姿がイイ!

「バック・トゥ・マイアミ1997」
◆デルコ役 阪口周平
デルコとホレイショの出会いを演じられて嬉しかったです。

「別れのフリースロー」
◆ウォルター役 乃村健次
バスケのシーンが感動的でした。

◆ナタリア役 藤貴子
仲間が死んでしまうのは、やっぱり悲しいです

「マジック・フィッシュ」
◆ホレイショ役 石塚運昇
映像の美しさ、音楽の使い方が抜群でした!

◆翻訳 荒木小織
いつものマイアミと異なるテイストに引かれました。

======

これぞホレイショの真骨頂!
【ホレイショ名決めゼリフ部門】

・ "科学"を餌にホレイショが走った時代があったなんて......
「ハーネスによって速くなる馬もいる。今俺を走らせるのは科学だ」(シーズン1第2話「戦慄の首輪爆弾」)
・ホレイショの迷走(?)を決定づけた一言
「俺は繊維の神様。さあて、どうする?すんなりか?じたばたか?」(シーズン2第4話「餌食」)
・正義の味方が言うセリフじゃない!
「お前みたいな蛆虫を一生ムショにぶちこんでやること、それが俺の究極のスリルだ」(シーズン2第10話「殺しのキス」)
・本当にあなたは警察側の人間ですか!?
「お前の人生を滅茶苦茶にしてやってもいいんだぞ」(シーズン3第5話「天使の犠牲」)
・イッちゃってる。ヤバい......
「燃えろ、全部燃えちまえ!」(シーズン5第6話「危機一髪」)


<私はこれを選びました>

「俺は繊維の神様~」
◆カリー役  宮島依里
このセリフのあたりから、「CSI:マイアミ」のカラーが見えてきました。
◆ホレイショ役 石塚運昇
このセリフでホレイショのキャラクターが決まりました。ホレイショはすべてお見通しの神様!

「燃えろ、全部燃えちまえ!」
◆プロデューサー 本吉伊都子
爆発シーンとこのセリフ、にかくホレ様がカッコイイ!!

「俺はどこへも行かない」←選にもれてスミマセン!
◆トリップ役 辻親八
トリップが地雷を踏んだ時のホレイショのセリフです。ホレイショの優しさと勇気に感動したのを覚えています。
20120915_c01.jpg
======

ノミネートに漏れたキャラ、ごめんなさい!!
【人気キャラクター部門】

・鉄板すぎて選択肢に入れるべきか迷うけど......"ホレイショ・ケイン"
・水中捜査のスペシャリスト♪"エリック・デルコ"
・局へのクレームで途中から胸の谷間が封印された"カリー・デュケーン"
・皮肉屋だけど小心者の"ウルぽん"こと"ライアン・ウルフ"
白いパンツが良くお似合いです!"ナタリア・ボア・ヴィスタ"


<私はこれを選びました>

「デルコ」
◆デルコ役 阪口周平
前任者の竹若さんの思いを継いで精一杯演じてきました。デルコが心に抱える孤独を表現するのをテーマにしてきましたが、伝わっていたでしょうか?

「カリー」
◆カリー役 宮島依里
カリーのおかげで大人の女性を演じられるようになりました。今の私があるのはカリーのおかげです。

「トリップ」←選にもれてスミマセン!
◆トリップ役 辻親八
ウルフのツッコミにも真面目に答えるところがいい。スーツも似合ってる!

「ウォルター」←選にもれてスミマセン!
◆ウォルター役 乃村健次
明るくノリがいいキャラですが、時に繊細な芝居をするところが好きです。

「ウルフ&ウォルター」←選にもれてスミマセン!
◆翻訳 荒木小織
ウルフ&ウォルターのコンビがコメディ要素を引き受けてくれるようになったおかげで、ストーリーに緩急がついてますます面白くなったと思います。
20120915_c04.jpg
======
ホレイショを敵に回した勇気ある面々!
【最強悪役部門】

・ "南米の極悪人"と言えばこの俺様!"クラーボ・クルーズ"
・ホレイショが息の根を止めたマリソル殺害の指示者"アントニオ・リアズ"
・ホレイショの元恋人ジュリアのお仲間"ロン・サリス"
・マイアミにはロシアン・マフィアもいまーす!"イワン・サーノフ"
・タトゥーがトレードマークのマリソル殺害の実行犯"メモ・フィエロ"


<私はコレを選びました>
「クラーボ・クルーズ」
◆プロデューサー 本吉伊都子
犯人役ではありますが、孤独を抱える彼のキャラクターが好きです。

「ランディ・ノース」←選にもれてスミマセン!
◆デルコ役 阪口周平
個人的には味方をしてあげたかった。境遇が切なすぎます。

======
20120915_c02.jpgホレイショ絡みが多くなっちゃってますが......
【ベストカップル部門】

・空港での別れのシーンが忘れられません!"ホレイショ&イェリーナ"
・強烈な個性がぶつかり合う異色の組み合わせ"ホレイショ&ジュリア"
・幸せな時間は短すぎた......"ホレイショ&マリソル"
・今も復縁を期待するファンも多いとか!?"デルコ&カリー"
・妊娠騒ぎが懐かしいです"デルコ&ナタリア"


<私はコレを選びました>
「ホレイショ&ジュリア」
◆プロデューサー 本吉伊都子
このカップル、強すぎます! これぞマイアミ!!

「ホレイショ&イェリーナ」
◆ライター やなぎだるみ
ホレイショにとって最初のロマンスの相手がイェリーナ。成就させてあげたかった!

======

日本ならではのプラスαのお楽しみです!
【オモシロ邦題部門】

・♪わかれても~、とつい歌いたくなっちゃう「別れても憎い人」(シーズン4第8話)
・石塚運昇さんの予告編でのナレーションが忘れられない!「ロリータポルノ爆弾」(シーズン4第16話)
・劇中でホレイショも「お仕置きだ」って言ってます!「ティファニーのお仕置き」
・読点と接続詞が入ってるって珍しくない!?「爆風、そしてダメージ」(シーズン7第23話)
・"IBW"って何のこっちゃ!? 観れば分かります!「落ちるときはIBW」(シーズン9第11話)


<私はコレを選びました>
「別れても憎い人」
◆ウルフ役 浪川大輔
まさに、この邦題が"ニクい"です!

「ロリータポルノ爆弾」
◆ライター やなぎだるみ
予告編を見て、この邦題を石塚運昇さんの声で聞いた瞬間、ぶっとびました!

======

シーズンを重ねるとどうしても入れ替わりが......
【降板が惜しまれたキャラ部門】

・あっけなく番組を去りました"メーガン・ドナー"
・当時はホレイショの次に人気のあるキャラだったのに!"ティム・スピードル"
・死体に話しかける姿が印象的でした"アレックス・ウッズ"
・まさか薬物中毒になっちゃうなんて......"タラ・プライス"
・あの裸の上半身をもう一度見たい!!"ジェシー・カルドーザ"


<私はコレを選びました>
「タラ・プライス」
◆ミキサー 黒崎裕樹
役者さんも声優さんもカワイイ!

「アレックス・ウッズ」
◆ナタリア役 藤貴子
アレックスがいたころは、まだマイアミも「科学捜査班」らしかった気がします。

======

地味に番組を支えてくれました!
【ラボ男・ラボ子部門】

・ラボのセクシー担当と言えばこの人"マクシーヌ・ヴァレイラ"
・元祖マルチメディア担当分析官"タイラー・イェンセン"
・カリーをおとしめた悪いヤツ"ダン・クーパー"
・ラボには珍しいワイルド系"デイヴ・ベントン"
・ホッジスやアダムと対抗できそうなのはこの人くらい?"マイケル・トラヴァース"



<私はコレを選びました>
「マクシーヌ・ヴァレイラ」
◆ウルフ役 浪川大輔
ホレイショ、ウルフが好きなのはもちろんですが、ヴァレイラも好き! カワイイ!

「デイヴ・ベントン」
◆ライター やなぎだるみ
ラボクルーらしくない雰囲気がいい。髪は長髪スタイルが好き!

===========

なお、今回のノミネートにはシーズン10の内容は含まれていません。実は、シーズン10には『24 -TWENTY FOUR-』のトニー・アルメイダ役でおなじみのカルロス・バーナードが悪役としてゲスト出演するので、本当は彼の名前も【最強悪役部門】に入れたかったところなんですが。

そうそう、シーズン10ではウルフにもロマンスが! そちらも【ベストカップル部門】に入れてあげたかったので残念です。
でも、それって逆を言うと、それだけシーズン10に新たな見どころがあるってことですよね。第1話には○○がホレイショの幻覚として登場するし、マルコム・マクダウェルラクエル・ウェルチといった豪華ゲストの登場も控えているし、デルコ役のアダム・ロドリゲスが再びメガホンをとったエピソードもあるし。シーズン10も本当に見どころいっぱいなのであります!

この「CSI:マイアミ アワード」の投票でこれまでのシーズンを振り返りつつ、最終シーズンに向けてテンションを上げていってもらえたら嬉しいです。

======
20120915_c03.jpg『CSI:マイアミ10 ザ・ファイナル』は、10月6日(土)からスタート(全19話)【第1話無料放送】
二か国語版:毎週土曜夜10:00
字幕版   :毎週土曜午前11:00

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加

ライタープロフィール

やなぎだるみ
やなぎだるみ

海外ドラマで情操教育に取り組む子持ちライター。 ソフトウェア解説書の執筆等、テクニカルライティングの分野でも活動中。最近は、クリンゴン語の研究にはまっている。

海外ドラマNAVIを面白くするライター・一覧を見る

『リミットレス』DVD好評発売中!28歳のダメ男がいま限界を超える!期間限定第1話を無料配信中!
PAGE UP